ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

けんかのきもち」 5歳のお子さんに読んだ みんなの声

けんかのきもち 作:柴田 愛子
絵:伊藤 秀男
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2001年12月
ISBN:9784591070444
評価スコア 4.73
評価ランキング 884
みんなの声 総数 83
「けんかのきもち」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

5歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

15件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • こんなことって絶対あるよね

    • 梅★ようこさん
    • 30代
    • ママ
    • 岡山県
    • 女の子5歳、女の子3歳

    図書館で借りてきて読みました。
    仲良しの友達とけんかした。

    悔しくて涙が出た。
    家に帰ってお母さんの膝の上でわんわん泣いた。

    おともだちと喧嘩するってこと。
    仲が良ければ仲がいいほど、喧嘩する機会もある。
    喧嘩した時の悔しい気持ち、負けたくないという気持ち。

    こんな気持ち男の子じゃなくても絶対ある。

    我が家は娘二人ですが、5歳の長女は仲良しのお友達と
    喧嘩して泣きそうになりながら帰ってきたこともあります。

    この本を読んだ時も、すごく共感したようで、
    続けて3回、読んで、のリクエストでした。
    私自身も子どもの頃を思い出すと「こんなことあったなあ」。
    懐かしいような、こそばゆいような思い出が・・・。

    悔しくて、悔しくて・・・・
    でもけんかの気持ちって、ちゃんと終わるんだ、
    そしたらまた仲良くなれるんだ。

    絵本いっぱいに描かれる力強い絵にも圧倒されます。

    掲載日:2012/07/22

    参考になりました
    感謝
    2
  • こどもの気持ち。

    • まおずままさん
    • 30代
    • ママ
    • 大阪府
    • 女の子8歳、女の子5歳

    このお話は、「こうた」が主人公です。
    そして、文章は、「こうた」が話すように描かれています。

    だからこんなにもみずみずしく、臨場感あふれるように気持ちが伝わってくるのかなぁ、と思いました。
    絵もまた、力強くグイグイ描かれていて、ぐっとアップになったりして「こうた」に感情移入しやすかったです。

    娘は「ケンカのシーンが怖かった〜」と言っていました。
    女の子のケンカとはまた違った感じなので、あまり共感はしていないようでしたが・・・。
    これぞ男の世界、という感じがします。

    掲載日:2016/01/19

    参考になりました
    感謝
    1
  • いい絵本ですね

    • みっとーさん
    • 30代
    • ママ
    • 滋賀県
    • 男の子5歳、女の子3歳

    5歳のわが子には、ちょっと早かったみたいでいまいち絵本の内容をわかっている感じはしませんでした。
    でも、お友達とけんかをして悔しい気持ち、そのあとの仲直りするときに必要な勇気、複雑な感情がすごく上手に描かれています。
    もう少し大きくなって、お友達とけんかした時に、この絵本を読んで勇気をだして仲直りしてもらいたい。
    感情移入しやすい、素敵な絵本でした。

    掲載日:2016/09/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • いい絵本です

    長男が年長さんになり、初めてお友達とケンカした話を聞いた後に、読んであげました。仲良しのお友達とケンカしてモヤモヤした気持や、また仲良くしたい気持ち、周りに気を使ってもらって複雑な気持ちなど、男の子の心の様子が主人公の男の子の表情によく表れています。

    仲直りが出来た後、「今度は勝つ」のあたりで、子どもが笑っってました。「けんかしても仲直り出来るんだよ、大丈夫」というメッセージを絵本に教えてもらえたいい絵本でした。

    掲載日:2012/06/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • わかるなぁ。

    • シーアさん
    • 20代
    • ママ
    • 大阪府
    • 男の子5歳、男の子1歳

    「ぼくらのむしとり」で、あそび島の絵本に触れ、
    子どもの、特に男の子の気持ちに沿った絵本だなぁと思ったので、他の絵本を読んでみたくて、
    保育園の絵本貸出で借りてきました。

    けんかのルールが、明確でわかりやすくて、共感しました。
    けんかは、素手でやる。1対1でやる。
    どちらかがやめたくなったらやめる。
    男の子って、けんかすることでもっと仲良くなるってのが、顕著な気がします。
    ドラゴンボールとかでも、ありましたよね?
    殴り合って殴り合って、最後にだんだん笑えてきて・・・みたいなの(笑)
    違うか?

    こうたとたいは、仲いいんだけど、いや、仲がいいからこそ、
    ふとした時にけんかになっちゃう。
    こうたは「終わりにする!」と宣言して、先に「ごめんな!」と言う・・・すごくオトナだなぁ、と思ったけど、
    たいの中ではまだ「けんかのきもち」は終わってない。
    なんでだよ! なんで謝るんだよ!
    たいの心の叫びが、痛々しいけど、わかる。

    いっぱい泣いて、お腹いっぱいおやつ(なぜか餃子・・・笑)を食べたら
    涙は止まって、けんかの気持ちも終わった。
    これも、わかるなぁ。
    お腹が減ってると、怒りっぽくなるしね。
    最後に「こんどは きっと ぼくがかつ」と言うたいの決意に満ちた表情に
    男の子の強さを感じました。
    こんな、本気のぶつかり合いを経て、大人になった人は
    人の痛みのわかる人になれると思います。

    掲載日:2011/03/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • こどもの気持ちそのまま!

    仲良しの二人の男の子が本気でけんか・・・
    体を張ってのけんかって、今の子供達でもするのかな!?

    この絵本はけんかした後の子どもの気持ちを
    そのまま表現していると思います。
    涙がとまらない様子、素直になれない様子・・・
    でも、最後は自分から気持ちぶつけていかなといけないと
    いうこともしっかり学べます。

    友達とはこうであって欲しいと考えさせられる一冊です。

    掲載日:2011/01/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 血圧がぶぁ〜っと上がるあの感じ

    • 10月さん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子5歳

    幼稚園の仲良しさんとケンカばかりしている息子が自分で
    借りてきたので笑ってしまいました。

    ケンカしたときの怒り・悲しみ・寂しさ・・・
    そして仲直りするときのテレくささ。
    それらが画面いっぱいに溢れんばかりに表現されていて
    よく伝わってきます。
    血圧の上がる感じ。(たいくんの顔が真っ赤!)
    止まらない涙。
    生な感じがいいですねー。

    でも・・・「おやつに餃子20個」??
    ちょっとそこだけ不思議でした。笑

    掲載日:2010/06/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 気持ちの整理って・・・

    タイトルを見た時
    「どうしてケンカをするのか」って事かなと思った。
    男の子の気持ちがわかるのかな〜と思った。
    読んでみたら違った・・・

    けんかは男女問わずする。
    手が出る とか 口ケンカ とか色々ある。
    この本ではケンカした後の気持ちが描かれていた。
    子供だろうと大人だろうと同じなんだと改めて気付いた。
    でも子供の方が気持ちの整理は上手でサッパリしてるかも・・・

    あそび島でのケンカのルールなのだろうか?
     素手やる
     1対1でやる
     どちらかが辞めたくなったら辞める

    5歳の息子はまだ友達とケンカしたことはないと思う。
    ケンカしない方がいいけど・・・
    自分の中でのルール作りは必要だと感じた。
    ケンカのルールだけではなく色々なルールを一緒に考えたいと思った。

    掲載日:2010/04/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 今度 年長さんで、読んであげたいとおもいます。

    男の子のけんかは、すごく激しい  この絵本は たいとこうたくんがけんかした 話、 一番の仲良しの二人のけんかは 迫力満点!
    絵が すごく迫力あって けんかの様子が伝わります。
    なぜ?けんかになったんかな? 

    けんかのわけがあるんでしょうね。

    けんかに負けたたいは お母さんの膝の中で思い切り泣いた。

    この お母さんは、えらいな〜  しっかり受け止めて 優しく この親子関係が 大事だと思いました。

    なみだが なかなかとまらず 悔しさが こみ上げるんですよね。

    涙をいっぱい流している たいの絵が いじらしくなります。

    今の子供たちも こんなけんか するのかな?

    ややもすると、親も 先生も止めてしまうのでは、 けんかして育つそんなことを 教えられ 私も 保育士の頃はそう思って保育していたのが 思い出されます。

    お母さんが持って帰ってくれた餃子を食べて、 とってもいい顔!

    幸せそうで ホッとします、 思わず 私もこんな顔に なりそう

    けんか 子供のけんかは 又仲良くなれて ますます仲良しになれるから良い、

    大人のけんかは?
    ちょっと 複雑かな?


    この絵本の最後の こんどはきっと ぼくが かつ 
     

    締めくくりも けんかのきもち なのでしょうね 

    こどもたちは どんなこと感じてくれるかな?

    掲載日:2009/11/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • けんかがリアルに描かれている

    • くるりくまさん
    • 30代
    • ママ
    • 新潟県
    • 女の子8歳、女の子5歳、男の子2歳

    けんかの様子、けんかしたときの気持ちが文と絵両方から、ぐいぐい伝わってきました。
    一番の友達とけんかした様子が、とてもリアルに描かれています。
    読んですごく「子どもらしい!」と思いました。
    悔しい気持ち、お母さんの前ではもっと泣いてしまうところ、あやまられてもこっちの気持ちはおさまらない・・・。
    喧嘩をしたことがあるなら、とてもよく気持ちが分かると思います。
    最後の「でも、こんどはきっとぼくがかつ。」と言ったこの子がとても男らしい!と思いました。

    掲載日:2009/10/21

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「けんかのきもち」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / どうぞのいす / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / ぐりとぐら / はじめてのおつかい / パンダ銭湯 / 給食番長

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。


宮部みゆきさん × 佐竹美保さん 対談インタビュー

みんなの声(83人)

絵本の評価(4.73)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット