庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

けんかのきもち」 6歳のお子さんに読んだ みんなの声

けんかのきもち 作:柴田 愛子
絵:伊藤 秀男
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2001年12月
ISBN:9784591070444
評価スコア 4.73
評価ランキング 885
みんなの声 総数 83
  • この絵本のレビューを書く

6歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • ケンカ心は難しい

    仲が良いからするケンカは、意地の張り合い、見栄もプライドも、あって、落ち着きどころが難しいのです。
    簡単に妥協したり、うわべで仲直りしても気持ちは落ち着かないのです。
    はたから見ていて、分かりやすいケンカはいじめではないのです。
    こんなケンカを経験して心は成長していくのでしょうか。

    掲載日:2015/04/17

    参考になりました
    感謝
    1
  • 絵からもセリフからも伝わる

    たいくんの気持ちが、これでもかってくらい伝わってきます。
    彼の悔しい気持ち、悲しい気持ち、照れくさい気持ち、負けないぞっていう気持ち。それらが画面いっぱいに描かれていてとても子供らしいパワーに溢れています。
    幼児の気持ちに沿っていて共感を得られる内容だと思います。

    掲載日:2015/10/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • ストレートな気持ち

    ケンカをしたときの気持ちが、ストレートに伝わってきました。
    謝られると、かえって、どうしようもなくなるんですよね。
    言葉で表すのは難しい、むしゃくしゃする気持ちが、痛いくらいに伝わってきました。
    ふとしたきっかけで仲直りできるのは、子供の特権でしょう。

    掲載日:2012/03/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵がいい!

    なつかしいです。
    子供の頃、こういう気持ちありました。
     
    自分の中で 感情や気持ちの整理がまだ出来ていない時に、周りから何か言われたりして、
    「ちがう、ちがう!そんなんじゃない。なんでそうなるのーー!?」と、怒り泣きした事。
     
    でも美味しいものをおなかいっぱい食べたら、なんだか気持ちもおさまって、
    いつの間にかニコニコ。
     
    迫力があって 色鮮やかな絵が、この絵本最大の魅力ですね。
    子供は、内容より この絵にひかれていました。
     
    絵本の少年のような 心の葛藤を、娘もきっとどこかで経験していると思うんだけど、
    まだ、女の子だからか、この絵本を見て共感するというところには至っていないようでした。
     
    親の私の方が、「あったよなー、こういう気持ち!」でしたね。
     
    この気持ち、最近はどこへ行ってしまったんでしょう??

    掲載日:2011/10/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • けんかするのも大事だよ

    大好きな友達がいる息子
    いくら仲良しでも嫌な時もあるんだよね...
    イヤと言えず我慢ばかりしてちゃ嫌いになっちゃうよ
    ケンカも大事。言いたいこと言った方がもっと仲良しになれるよ。
    何度も言ってきたけど...相変わらず我慢してる。

    そんなときに出会った絵本です。
    読んであげてる間ちょっと複雑な顔をしてました。
    読み終えて少ししてから聞かれました。
    “ケンカしても本当にもっと仲良しになれるの?”

    まだまだケンカはできないだろうけど...
    心に何か感じる物はあったようです。

    掲載日:2011/07/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • 向き合って、受け入れて

     読み終えて初めて、「けんかのきもち」というタイトルに込められた意味がわかりました。
     謝られても、「けんかのきもちは おわってない!」・・・そこには、相手を許す気持ちだけでなく、悔しかった気持ちや、泣きたい気持ちも、全部含まれているんですよね。その気持ちをすべて自分自身の中で消化させるには、「けんかのきもち」と真正面から向き合って、受け入れなければならない・・・それは、子どもでなくても、とても勇気の要る難しいことですよね。
     子どもだからこそ、思いっきり泣いて、後腐れもなく、また今まで以上に仲良くなれるのかもしれないと思いました。「けんかのきもち」が終わったあとの、すっきりした笑顔、本当に清々しくて、子どもっていいな、と思えます。

    掲載日:2010/06/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • けんかでなかよし

     ぼく(たい)が、一番の仲よしこうたとけんかをして、仲直りするまでのお話。
     その間のぼくの気持ちの変化が実に細かく描写されていて、読んでいるとぼくになったような気持ちになります。きっと作者の方が、子供にかかわるお仕事をされていたからだと思います。
     力の強いこうたに負けた悔しさ。なかなかおさまらないケンカの気持ち。お母さんが餃子を食べに行ってしまった時のさびしい気持ち。
     今の子供たちは、あまり喧嘩をしないかもしれませんが、小さいうちにけんかを経験することで自分のこと、相手のことを大切にできるようになるかもしれませんね。
     この本を読んでいるとそんな気になります。
     大胆な絵、画面いっぱいに描かれるこうたやぼくの顔の表情がとても迫力があり、子供の真摯な気持ちを表していると思います。

    掲載日:2009/12/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 新一年生の孫娘に

     この4月に新一年生になった孫娘。
     保育園時代と違って、大人の目が届かない(干渉がない)ともだちとの遊びの時間がとても重いものになったようです。当然に、けんかも日常茶飯事に。
     そんな孫娘にピッタリのようでした。
     読後に、誰々はけんかするとどうなると、ひとしきりけんかの話をしてくれました。
     孫娘に言わせると「この絵本のけんかは男の子のけんかで、女の子のけんかは口でやるの」だそうです。

     こどものこころの成長にとって、大き比重をしめるけんかを真っ向から迫力をもってとりあげた素晴らしい絵本だと思います。
     泣いて、笑って、最後に、「でも、こんどはきっとぼくがかつ。」との決意の表情がとてもいいです。そうだ、理不尽な事に負けるな!
     どちらかというとけんかに弱い孫娘への応援歌になったかもしれません。

    掲載日:2009/04/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • お母さん、けんかしよ

    絵本ナビで紹介されていたので気になって読みました。

    一人っ子でけんかをしたことがない息子が、読み終わった後、私に「お母さん、けんかしよ」っていうのには、ちょっと困りました。

    子どもの目には、けんかっていいものに映っているのかな?こうして絵本を通じて擬似体験しかできないことが、何となく不自然なような気持ちもしました。

    けんかって、言葉では通じないから手が出る、テリトリー争いっていうところがあります。

    私も弟とはよくけんかしていましたので、主人公の男の子の気持ちはよく伝わってきました。

    子どもにとっては、けんかしながら育っていくという経験がとても大切だと思うのですが、実際に目の前でやられたら、どこで止めるか迷ってしまうと思いました。

    掲載日:2008/09/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大切な気持ち

    • ミトミさん
    • 30代
    • ママ
    • 岐阜県
    • 女の子9歳、女の子7歳、男の子0歳

    上のこのお気に入りの本です。喧嘩した時の気持ちがとても伝わってきて、自分が喧嘩をしてしまったかのような、切ない気持ちになります。
    でも最後にはきちんと仲直りをして、その時のスッキリした気持ちも味わえる本です。
    喧嘩をしたらきちんと仲直りをしなくてはいけないということが、わかるお話だと思います。

    掲載日:2008/08/28

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「けんかのきもち」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / どうぞのいす / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / ぐりとぐら / はじめてのおつかい / パンダ銭湯 / 給食番長

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…


『いのちのはな』のぶみさん、窪田等さんインタビュー

みんなの声(83人)

絵本の評価(4.73)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット