庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

けんかのきもち」 9歳のお子さんに読んだ みんなの声

けんかのきもち 作:柴田 愛子
絵:伊藤 秀男
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2001年12月
ISBN:9784591070444
評価スコア 4.73
評価ランキング 884
みんなの声 総数 83
  • この絵本のレビューを書く

9歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ケンカのきもち。

    • 多夢さん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 女の子9歳

    この絵本の主人公「たい」の一人称で書かれているので、
    たいの気持ちがストレートに伝わってきます。

    「泣きたい気持ちが、なくならない。」

    「なんでだよ!なんで、あやまるんだよ!」

    「けんかの気持ちは、終わってない!」

    友達とけんかをした時の気持ち。よくわかる。

    今の男の子は、こんなケンカするのかな?
    ケンカして、前よりももっと、仲良くなるのは、
    子どもの時だけかもしれない。
    だから、子供のケンカは、コミュニケーションを覚えるための
    一つの方法だと思うので、けんかの約束を守って、
    上手に付き合ってくれたらなぁ。

    ぎょうざをいっぱい食べて、けんかの気持ちがおわった・・・
    なんか、子どもらしくて、思わず笑ってしまいました。

    掲載日:2010/02/21

    参考になりました
    感謝
    2
  • パワーが溢れ出る絵本!

    けんかは 素手でやる。
    けんかは 1対1でやる。
    けんかは どちらかが
    やめたくなったら やめる
    これが けんかのやくそく。

    これが、こどもたちのあそびば、「あそび島」のやくそく。
    この絵本を読むと、成長のために、子どもには
    「けんか」する“権利”がある…そんなことさえ思いました。

    「あそび島」のようなけんかをさせてあげられるような
    大人でありたい。(大人同士の人間関係も含めて…。)

    絵本のいっぱいに人物が描かれた大胆な構図。
    子どもたちのパワーが、絵本から溢れ出てくるようです。

    掲載日:2009/11/04

    参考になりました
    感謝
    2

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「けんかのきもち」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / どうぞのいす / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / ぐりとぐら / はじめてのおつかい / パンダ銭湯 / 給食番長

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。


すべてのおとなとこどもに贈ります

みんなの声(83人)

絵本の評価(4.73)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット