だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

ふとっちょねこ」 8歳のお子さんに読んだ みんなの声

ふとっちょねこ 作・絵:ジャック・ケント
訳:まえざわ あきえ
出版社:朔北社
本体価格:\1,400+税
発行日:2001年
ISBN:9784931284692
評価スコア 4.39
評価ランキング 9,404
みんなの声 総数 17
  • この絵本のレビューを書く

8歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • グリム童話とは一味違う!デンマーク民話

    • ぼのさん
    • 40代
    • ママ
    • 新潟県
    • 男の子15歳、女の子13歳、女の子8歳

    お友達が紹介していて、ぜひ読んでみたいな〜と思っていた絵本、やっと見つけて借りてきました。

    タイトルどおり、表紙のねこちゃんは、アドバルーンのような太り方!
    ズボン(やパンツ)がぬげちゃうんじゃないかって、次女はそんな心配をしていましたよ〜(笑)。
    でも、ストーリー最初の場面のねこちゃんは、ホントに同一人(猫)物?!というくらい痩せている!!!

    一体、どうして、そんなに太っちゃったの?!

    そこには、衝撃の事実が・・・???

    デンマークのお国柄なんでしょうか?!
    ちょっと考えれば、かなり残酷な展開なのに、あまりに飄々と、リズミカルな繰り返しで語られていて、残酷さが感じられないどころか、何だかとっても愉快な気分になってしまいます。
    スコホッテントットさんやスコリンケンロットさん、なんていう、早口言葉のような名前の人物が出てきたり、明るい色調、マンガチックな表情、そしてどんどん太り続けるねこ・・・読んでる私も、聞いてる次女も、不思議な世界に魅了されてしまいました。

    斧を持ったきこりの登場シーンに、「赤ずきんちゃん」や「七ひきのこやぎ」のオオカミの運命を想像して、思わず目をつぶってしまいましたが、意表をついたハッピーエンドに、吹き出してしまいました。

    さっそく、来年度の絵本読みボランティアで、いろんな学年に読んでみたいなあと思った絵本です。

    掲載日:2009/03/25

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ふとっちょねこ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / ぐりとぐら / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / はじめてのおつかい / からすのパンやさん / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

みんなの声(17人)

絵本の評価(4.39)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット