モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
しいら☆さん 50代・その他の方

ほっこり!クリスマス2016にお薦め!
ふくざわさんの絵本大好きな方 多いで…

もりのかくれんぼう」 5歳のお子さんに読んだ みんなの声

もりのかくれんぼう 作:末吉 暁子
絵:林 明子
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1978年11月
ISBN:9784033300603
評価スコア 4.85
評価ランキング 75
みんなの声 総数 124
「もりのかくれんぼう」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

5歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

21件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • 秋一番のオススメ絵本!

     林明子さんの絵本はどれも好きなのですが、この絵本は書店の秋特集コーナーで初めて手に取り、一目惚れして購入した一冊です。

     とにかく金色に染まる秋の森の絵が美しい。おにいちゃんを追って不思議な森に迷い込む女の子・・・「けいこ」というお名前が一昔前を思い浮かべますが、それもそのはず、30年以上も前のロングセラー絵本でした。

     その森で不思議な「かくれんぼう」という男の子と出会い、森の動物たちも一緒にみんなでかくれんぼをして遊びます。

     探し絵は子どもも大好き!単に読み聞かせるだけでなく、遊びの要素も加わって、なんとも素敵な絵本です。

     特にかくれんぼうに至っては、本をさかさにするのとしないのとでは見え方が全然違う!本当に不思議・・・

     女の子が主人公のお話ですが、男の子が読んでも十分楽しめます。

     同じような「わんぱくだんのかくれんぼ」が春色なのに対し、こちらは秋に読むのにピッタリの絵本だと思います。

    掲載日:2010/09/20

    参考になりました
    感謝
    2
  • 主人公の「けいこ」がおにいちゃんとはぐれてしまい、
    森の中へ迷い込んでしまうところはちょっぴり怖くも感じますが、

    森の中にかくれている動物を探すのがとても楽しく、

    読んだ後かくれんんぼうをしたくなってきます。


    黄色や赤、茶色に色づいた葉がたくさん絵の中に描かれているので、
    とても秋を感じ、

    読み聞かせで読んでいると、
    読み手も気持ちが温かくなるような感じがします。


    探していたお兄ちゃんが見つかると周りの場面も変わるので
    ちょっぴり寂しくも感じるのですが、

    そんなところが絵本って奥が深いなといつも感じます。

    掲載日:2012/02/01

    参考になりました
    感謝
    1
  • どこかな

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子5歳、女の子3歳

    いつのまにか入り込んだふしぎな森の中で、ふしぎな男の子かくれんぼうや動物たちと楽しくかくれんぼ!
    こんな体験してみたかったな。
    こどもは主人公のけいこ気分で、絵本をさかさまにして見たり、かくれんぼしているみんなを見つけたり、と楽しそうに読んでいました。

    掲載日:2016/11/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 美しい秋の森

    林明子さんの絵は毎回細かい仕掛けが隠れていて、じっくり見るのが楽しみですが、今回はかくれんぼがテーマという事で、子供達と頭を寄せ合って真剣に探しっこしてしまいました。
    簡単に見つけられるものと、大人でもなかなか見つけられないものが混ざっていて盛り上がります。
    イキイキとかくれんぼを楽しんでいた動物達とかくれんぼう君が、今はどこでどうしているんだろうと少し切なくなる結末です。

    掲載日:2016/09/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 遊び心のあるニクい演出

    秋らしい絵本が読みたくて手に取りました。
    かくれんぼが大好きなけいこ。ある日、お兄さんと一緒に公園から帰る道で、競争していてはぐれてしまいます。そこで出会ったのが「かくれんぼう」。森の動物たちも加わって、たのしいかくれんぼがはじまります。
    林明子さんの、遊び心のある演出がニクいです。子どもたちと一緒になって、表紙や裏表紙に隠れているかくれんぼうや動物たちを探しました。

    掲載日:2015/10/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 優しい、易しい探し絵

    • ととくろさん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 女の子5歳、女の子1歳

    林さんの絵でこのような絵本があるなんてしりませんでした。
    動物たちと「もりのかくれんぼう」という不思議な男の子と
    女の子の楽しいかくれんぼ絵本です。

    読んでから改めて表紙を見て
    ちょっと驚く、不思議な絵本です。
    普段なにげなく見ているもののどこかに
    何か実はいるのかも。
    黄色く暖かく描かれた森はちっとも怖くなくて、眺めて楽しいです。
    森でのかくれんぼ、
    思わず子どもに戻って、読んでしまいます。
    「ここにいるよ!」
    子どもより先に思わず指さししてしまった絵本です。

    掲載日:2014/10/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • もりのにおい

    • もゆらさん
    • 50代
    • その他の方
    • 神奈川県

     木々の香り、葉っぱのささやき、枝の鳴る風・・樹林を家族で散歩すると、こころ落ち着きます。ふむ足下から葉っぱの土と触れる音が聞こえます。木の実もたくさん拾います。
     この絵本では、隠れたどうぶつさんを見つけ出す趣向で、とても楽しい。でも本当は、人に見つからないように用心をしているのが自然のどうぶつ。そっと、しておいてあげたいな。遊びじゃなくてね。
     団地の建つ前は、森だったと書かれることで、森が再び現れるわけじゃない。人の都合だからね。「かくれんぼうさんって、だ〜れ?」と、こどもに尋ねられました。「だれだろうね、お父さんには見えないかもしれない」というのが精一杯。感謝。

    掲載日:2013/12/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 寂しい気分に

    かくれんぼうという男の子と出会ってもりでかくれんぼする不思議な世界のお話。絵がとても素敵で、隠し絵も結構難易度が高いです。息子と競争しながら探すのに夢中になりました。
    秋という色がきれいに描かれている本は他にないと思います。

    ただ、読み終わると私はなんとなく寂しい気分になりました。秋ってそういうものなのかもしれませんね。

    掲載日:2013/05/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 手元に置いてじっくりと探す

    4〜5歳児に読みました
    隠し絵を探すのは、子どもたちの大好きな絵本の楽しみ方の一つです
    ただ人数が多いと絵本が見えにくくなってしまって、楽しみも半減してしまうかな・・・・
    林明子さんのイラストは色もきれいで、詳細に描かれているので、探すのも結構時間がかかります
    子どもたちもじっくり手元に置いて見たかったみたいで、読み聞かせし終わると、子どもたちが殺到してきました
    う〜ん親子とか、少人数で読むのがお勧めですね

    掲載日:2013/04/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちょっと寂しくなりました

    どんなお話か知らずに、娘と夫と共に読みました。
    けいこが森の中でひとりになってしまった最初の部分は
    娘が少し怖くなっているようでした(訊きながら目がまんまるく
    なっていました)。
    そうして次には娘は、にこにこさんになり(かくれんぼうが
    大好きなのです。子どもってみんなかくれんぼうが大好きですよね)
    最後はきっとかくれんぼうが終わってしまったのがなんだか
    つまらなかっただろうなって思います。

    だけど、大人である私と夫はちょっとしんみり。
    寂しくなってしまいました。
    『千と千尋の神隠し』と少しだけおんなじ匂いがしました。
    この絵本は「森や里山を切り開いてどんどん団地や宅地が
    作られていった時代」の物語なのだろうなあ。
    大人だから、けいこのように「もりのかくれんぼうさんと
    どこかできっとまたあえる」とはなかなか思えないのです。
    森を奪われた、かくれんぼうや、動物達は無事でいるかしら?
    どうか無事でいてくれますように。

    掲載日:2012/06/02

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「もりのかくれんぼう」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / がたん ごとん がたん ごとん / もこ もこもこ / いないいないばあ / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / おおきなかぶ / うずらちゃんのかくれんぼ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。


2つの写真のまちがいをさがそう

みんなの声(124人)

絵本の評価(4.85)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット