もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

もりのかくれんぼう」 8歳のお子さんに読んだ みんなの声

もりのかくれんぼう 作:末吉 暁子
絵:林 明子
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1978年11月
ISBN:9784033300603
評価スコア 4.85
評価ランキング 75
みんなの声 総数 124
「もりのかくれんぼう」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

8歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 秋の森が美しい

    秋になったら、絶対読みたいおすすめ絵本です。
    絵がきれいで、金色に染まった秋の森を散歩している気分になります。

    お兄ちゃんとはぐれて、森に迷い込んだけいこは、「かくれんぼう」というふしぎな男の子に出会います。
    かくれんぼが得意なかくれんぼうと森の動物たちもたくさん出てきて、かくれんぼが始まります。

    秋の森の中に溶け込んだようにかくれている動物たちをけいこと一緒に探すのがとっても楽しいです。
    子どもたちも夢中になって、競争して探していました。
    (よみきかせのときは、人数によって、大型絵本を使うこともあります。)

    かくれんぼの途中で、みんなは森と一緒に消えてしまいます。
    森は今はもうなくなってしまった森だったのです。
    ちょっとせつなくて、考えさせられる結末です。
    私はいつも「でも、まだ日本の森や山は、完全にはなくなってないよね!?なくしちゃだめだよね!!」という希望と決意がわいてきます。
    子どもたちの心にも、きっと種をまいてくれていると思います。

    掲載日:2010/10/24

    参考になりました
    感謝
    1
  • 秋を感じる

    秋が感じられる絵本ですね。
    家への帰り道で、ふと迷い込んだ森の中。
    黄色い森が、秋なのだとわかります。
    動物たちとのかくれんぼは、本当に楽しそうです。
    キツネのやクマなど、動物の体は森の色になじんでいて、なかなか見つけられることが難しそう!

    団地の開発などから、自然環境についても触れていて、とてもよい本だと思いました。

    掲載日:2013/11/16

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「もりのかくれんぼう」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / がたん ごとん がたん ごとん / もこ もこもこ / いないいないばあ / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / おおきなかぶ / うずらちゃんのかくれんぼ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


きらいがいっぱい、きらいって楽しい!

みんなの声(124人)

絵本の評価(4.85)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット