大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!

くわずにょうぼう」 大人が読んだ みんなの声

くわずにょうぼう 再話:稲田 和子
絵:赤羽 末吉
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:1980年07月
ISBN:9784834007893
評価スコア 4.73
評価ランキング 894
みんなの声 総数 48
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 菖蒲とヨモギ

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子19歳、男の子17歳

    小学校のおはなし会で読みました。
    昔話再話の第一人者の稲田和子さんによる重厚な文章、
    重鎮の赤羽末吉さんの描く昔話の世界、
    子どもたちがグイグイ引きこまれて聞き入っていました。
    欲張り男が、山仕事に言った時に、「よく働き、飯を食わない女房がほしい」と言うと、
    なんとその通りの娘が現れたのです。
    ところが、米俵の減りの早さに気付いた欲張り男が、こっそり見張っていると、
    女房は、頭髪の中に大口のある鬼婆だったのです。
    かくして正体を見られた女房は、欲張り男を食ってやる、とばかりに、
    山の棲み家へ欲張り男を連れ去るのです。
    この、欲張り男の脱出作が絶妙です。
    鬼婆の弱点が、菖蒲とヨモギ、というのは、すごい展開です。
    やはり、薫風の菖蒲とヨモギの季節に読んであげたいですね。

    掲載日:2013/05/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 昔話

    昔話の絵には、やっぱり赤羽末吉さんの絵に惹かれました。とても怖い迫力のある絵に魅了されました。欲張りな男にも非があり働かせるだけ働かせて飯を食べないのはけしからんと思います。鬼婆にもやっぱり子供たちを食わせたいと母親なんだと思いました。鬼婆の帰りを待つ子供たちが可哀そうになります。怖いお話ですが、ぐんぐん内容に惹かれて一気に読みたくて結末が気になった絵本です!

    掲載日:2011/07/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 端午の節句絵本です

    誰でも知っている日本の昔話が読みたくて、手に取りました。

    「よく働いて飯を食わない女房が欲しいもんだ」という欲張りな男の
    身の上に起きた怖〜いお話。

    そんな男のところに、なんと本当に飯を食わない美しい嫁がやってきます。
    「今に蔵に入りきらんくらい米がたまるぞ」と喜んでいた男でしたが・・・

    このお話の見所はなんといっても、美しい嫁が大量のにぎりめしを作り、
    鬼婆の姿となって頭のてっぺんにある大きな口で平らげるシーンですね。

    子どもの頃に読んだのですが、未だにはっきりと覚えているぐらい、
    印象深いシーンで、あらためて読んでみてもドキドキしますね。

    正体を見てしまった男に気付き、鬼婆は風呂桶に男を突っ込み、
    山に向かって走り出します。男にとっては、絶体絶命の大ピンチ!!

    子どもの頃に読んだ時には気付かなかったのですが、これって
    端午の節句絵本だったんですね。
    「菖蒲」と「ヨモギ」が男を助けてくれます。

    へえ〜、そういうことか〜。端午の節句の季節にあわせて、
    子どもに読み聞かせてみようと思います。

    掲載日:2011/02/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 赤羽さんの画の力はすごい!

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子14歳、女の子9歳

    赤羽さんの表紙の画がとてもインパクトのある、日本の昔話絵本です。
    昔話の中でも代表的なお話なので、知っている方も多いし、いろいろな方が再話されていますが、中でもこの絵本が最も有名(?)ではないかと思います。

    絵がはっきりとしていて見やすいし、ストーリーの展開がわかりやすいので、お話会などの読み語りなどにも向いています。

    初めは「うつくしいむすめ」と、表現されて登場した女房が、
    ページをめくるごとに何だか恐ろしげな顔つきになっていき、
    最後の方は、ただのホントに同一人物だったのか!?と
    疑いたくなるほど変化しているのに、
    ちっとも違和感がない。赤羽さんの画の力はすごいです!!
    たくさんの子どもたちに読んであげたい1冊です。

    掲載日:2010/01/18

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「くわずにょうぼう」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / ぐりとぐら / はじめてのおつかい / いないいないばあ / おつきさまこんばんは / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『illuminature(イルミネイチャー)』 編集者 竹下純子さんインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット