きのこ ふわり胞子の舞 きのこ ふわり胞子の舞
写真・文: 埴 沙萠  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
きのこのかさから、ふわりけむりが見えるよ。これは、きのこの「胞子」。いつも見ているきのこの新しい姿を見ることができる写真絵本です。

十二支のお節料理」 9歳のお子さんに読んだ みんなの声

十二支のお節料理 作:川端 誠
出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1999年12月
ISBN:9784892387418
評価スコア 4.58
評価ランキング 4,052
みんなの声 総数 44
「十二支のお節料理」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

9歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 11月。二年生と三年生に、それぞれ別の日に読み聞かせしました。
    とくに三年生の反応が良く、先生にも参加してもらってみんなで作品を楽しみました。

    もうすぐお正月。十二支たちはお節料理を作ります。十二支たちは、それぞれ仕事が分担されています。

    今年度(平成28年)の三年生は、いのしし年とねずみ年。子供たちはみんな、自分の干支はどんな仕事をするのか興味津々の様子。
    ねずみは正月飾りの係で、鏡餅を作るためにお餅つきをします。
    子供たちがとてもじっくり絵を見ていて、その後もいろんな所に登場し、お手伝いをするねずみに反応していました。「またねずみがいる!」「働きものだ」って・・・。
    いのししは片付け係。これにはいのしし年のみんな、「えー、つまらない」と不満そう。片付けも大事な仕事だよというと、納得してくれたようですが(^-^;


    川端さんの版画の絵は、日本のお正月の雰囲気に凄く合っていると思いました。
    物語の最後は、十二支が着物を着て勢ぞろい。男女ペアっていうのがイキな演出だなあと思います。
    食いしん坊の私は、ほうぼうの国から集めたどっさりの食材、したごしらえ〜調理、お重詰め、年越しそば・・・ それらの場面がとくに好きでした。


    小学校の読み聞かせで、おススメの作品です。 年末の今の時期に、いかかですか? 

    掲載日:2016/12/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 素敵な係り

    以前から気になっていた本を、やっと読むことができました。

    「十二支」と「おせち料理」がどうつながってくるのかと思ったら
    十二支の動物たちが、お正月準備、
    特に、おせち料理の準備にいそしむ
    とてもほほえましい設定になっていました。

    それぞれが、なるほどと思える係りに仕事を割り振られ
    おせち料理を準備する姿は、かわいいです。
    ページを繰るごとに
    「次は何の係りなんだろう」と
    ちょっとしたわくわく感もあります。

    日本の食文化に関する勉強にもなる一冊だと思います。

    掲載日:2014/01/19

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「十二支のお節料理」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

からすのパンやさん / しょうぼうじどうしゃじぷた / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / だるまさんが / ぐるんぱのようちえん / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


ミキハウスの宮沢賢治シリーズ、新刊発売記念

みんなの声(44人)

絵本の評価(4.58)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット