ほげちゃんとこいぬのペロ ほげちゃんとこいぬのペロ
作: やぎ たみこ  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
大人気!ぶさカワ「ほげちゃん」待望の第3巻目刊行!
ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば

ほげちゃん、頑張りました!
ほげちゃんが、こいぬのペロにやきもちを…

せんせい」 4歳のお子さんに読んだ みんなの声

せんせい 作:大場牧夫
絵:長 新太
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\838+税
発行日:1996年2月15日
ISBN:9784834013733
評価スコア 4.67
評価ランキング 1,712
みんなの声 総数 35
「せんせい」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

4歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • やさしいせんせい

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    2歳と4歳の子に読みました。
    これは幼稚園の先生なのかな?
    せんせいは…おに、といったところは怒るシーンなのかな?と思いましたが、そうではなく。
    やさしいけどちょっとドジなところもあったり、だけど子供たちはこのせんせいのことが大好きなんだなーとよく伝わってくる絵本でした。

    掲載日:2016/04/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 先生に感謝

    • オパーサンさん
    • 30代
    • ママ
    • 福島県
    • 女の子4歳、女の子1歳

    メガネをかけた優しそうなせんせい。
    でもこのせんせい、変幻自在なんです。
    馬だったり、鬼だったり、おすもうさんだったり。
    「鬼?怒るから?」なんて思ってしまいましたが(苦笑)、そうではなくて鬼ごっこの鬼になるからなんですね。
    確かにせんせいって色々な役割を果たしていて、子どもたちから見たらすごい人なんだろうな。
    うちの娘たちも、0歳から保育園に通っていて、先生には本当にお世話になっています。もう先生大好きで、一時期は親よりも先生になついてるんじゃないか?と思ってしまうほどでした。
    親としては切ない部分もあるのですが、でもそれほど大好きになれる先生に見守ってもらい育つことができるなんて、とってもありがたいことです。
    子どもも親も、大好きな先生を思い浮かべながら読み、感謝の気持ちを改めて感じることができた絵本でした。

    掲載日:2010/03/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 幼稚園が楽しみになりました

    4月から幼稚園に通う娘に読みました。

    せんせいがうまになったり鬼になったり・・・
    せんせいのいろんな顔が見られます。

    長新太さんの絵がまた面白いので
    子供もニコニコしながら聞いていました。

    幼稚園ってどんなところだろう?
    せんせいってどんな人だろう?
    とすこし不安がっていた娘も
    幼稚園が楽しみになったみたいです。


    幼稚園に行く前の子供さんにおすすめではないかなと
    思います。

    掲載日:2010/03/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • ねえ、みんな

    読めば読むほど、子どもたちにじわーと浸透していくという感じです。
    新年度が始まって、「せんせい?」って思っていた子どもたちが、毎日
    一緒に生活して、たくさん遊んで、”せんせい”像をもってくると、
    「あーなるほど」と思い当たるところが出てくるようです。
    子どもたちといっぱい遊べる”せんせい”って、子どもたちも大好き。

    「ねえ、みんな しってる?」の始まりもいい。
    「せんせいって、ときどき ・・・だよ」のところは大ウケ。

    今日も”せんせい”は子どもたちと遊んでます!

    掲載日:2009/04/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • せんせいってどんな人かなぁ?

    入園前に読んであげた絵本です。
    「せんせいって○○だよ」と私が読むたびに
    あやちゃんは、「え〜ほんと〜!?」と言います。
    先生が、うま・オニ・おすもうさん・おおかみだったりするのですから、「え〜ほんと〜!?」と子どもが思うのも当然です。
    この他にも、お客さんだったり、看護婦さんだったりするのですが、「せんせいは、こぶたのせんせいだよ。」と言うのには、私もどうしてと思いました。
    あやちゃんも「うそ〜!」と言ってましたが、実は『こぶたぐみ』のせんせいだったんですね。
    なるほどでした。
    先生がいろいろな顔を持っているところが、上手く書いてあっておもしろい絵本です。
    楽しく会話をしながら、読み聞かせができる絵本です。

    掲載日:2009/04/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 新学期に読みたい絵本☆

    【ねえ、みんな しっている??】

    【せんせいって、 ときどき うまだよ】

    先生が馬!?
    見ている子供達は『えーっ!?』っていう感じです☆

    馬の他にも、オオカミだったり。お客さんだったり。看護婦さんだったり。

    子供目線での先生の姿がとっても楽しく描かれています♪

    このお話の先生が子供達と一緒にいるときの顔!!
    本当に素敵な表情なんです☆
    長さんのこういう絵も素敵だなぁ〜って改めて思いました(^^)

    掲載日:2008/05/07

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「せんせい」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / はらぺこあおむし / ぐりとぐら / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの / はじめてのおつかい / からすのパンやさん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「MR.MEN LITTLE MISS」アダム・ハーグリーブスさん インタビュー

みんなの声(35人)

絵本の評価(4.67)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット