あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
レイラさん 50代・ママ

嫉妬
『あくたれラルフ』のねこ、ラルフのクリ…

ブルドーザとなかまたち」 2歳のお子さんに読んだ みんなの声

ブルドーザとなかまたち 作・絵:山本 忠敬
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:1988年1月30日
ISBN:9784834005479
評価スコア 4.47
評価ランキング 7,136
みんなの声 総数 37
「ブルドーザとなかまたち」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

2歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 犬が好き!

    • こたぴさん
    • 40代
    • ママ
    • 静岡県
    • 男の子2歳

    図書館で借りてきたのですが、寝る前に読むのに悩む候補の1つです。
    ブルドーザーかショベルカーか…(笑)
    重機が好きなのはもちろんのこと、どのページにも犬が出てくるのがお気に入りの1つのようです。
    ブルドーザーだけでなく、ダンプなども出てくるのですが、持っているミニカーを出してきて、「これ!」と教えてくれます。
    ないものを聞くと「ない!」と言えるようになってきたので、息子も楽しそうです。

    文自体は短く読みやすく、いろいろ想像してみたり、音をつけてみたりと、楽しみ方もいろいろできるかと思います。
    息子のお気に入りは、どのページにも出てくる犬を探しだすこと。
    何度読んでも、犬がメインになってしまいます。(笑)

    絵は本格的に書かれていて、「子どもには…?」と思いましたが、息子もなかなか気にいっているようです。かわいい車の絵には程遠いですが、山本さんの絵は好きなようです。

    掲載日:2013/05/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 工事車両好きにぴったり

    息子が1歳の時から読んでいます。
    セルフローダ、ブルドーザ、ショベルローダ、ダンプトラックなど
    工事現場で動いている車の名前や働きが分かる1冊です。

    それぞれの働きが絵の動きとともに、
    すっきりとした一文で説明されていてとても分かり易いです。
    リアルに描かれた車たち、シンプルな色遣い、
    工事車両に興味を持ち始めた息子はすぐに夢中になりました。
    今ではそれぞれのページをめくりながら自分で名前を言って
    繰り返し楽しんでいます。
    昭和の香りのする本ですね。

    掲載日:2012/04/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • これで重機の名前を覚えました

    山本忠敬さんが描く車はリアルですばらしいです。
    こどもはもっとかわいらしい絵のほうが好きかなと思いましたが、
    土や木枝が黒々した絵でも怖がらず、迫力があって良いみたいです。

    ページをすすめながら、表紙に戻ってドーザショベルなど今まで聞いたことがなかった重機の名前も息子と一緒に覚えることができました。

    最初から登場する白い犬がどこにいるか探したり、人が掃除したり誘導したりする細かなところもチェックして楽しんでいます。

    掲載日:2011/10/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • いいですよね

    この作家の絵本ははずれがないです。

    乗り物がすきな子には絶対オススメ。

    絵がリアルです。かわいいトラックとかではなく

    大人が書いたちゃんとしたトラック。

    そういうのが逆に男の子には

    いいみたいですね。

    掲載日:2011/10/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • カッコイイ!

    • 環菜さん
    • 20代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子4歳、男の子2歳

    山本忠敬さんの車の絵本は、息子たちのお気に入りです。
    これはタイトルどおり、工事車両中心に登場します。働く車(特に工事車両)好きなお子さんにはたまらない一冊だと思います。
    リアルな絵で、大人も興奮してしまいそうな完成度の高い絵本です。
    2〜3歳の子にオススメかな。

    掲載日:2010/11/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • リアル

    働く車が大好きな息子と一緒に読みました。

    絵がリアルです。登場する車は多すぎず少なすぎず、工事の流れも分かりやすくていいと思いました。

    ただ、何度も読んでとせがむ割には集中して聞いていません。途中で飽きて、何か他のことを始めてしまいます。全部の車の名前を知らないから?とも思うのですが、理由はよく分かりません。

    掲載日:2010/11/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • いろいろな工事車両

    • くるりくまさん
    • 30代
    • ママ
    • 新潟県
    • 女の子8歳、女の子5歳、男の子2歳

    図書館で見つけて借りたら、2歳の息子がとりこになった絵本です。
    この絵本で「パワーショベル」とか「ブルドーザ」などの工事車両の名前を覚えました。

    山本忠敬さんの絵がとてもリアルで、本当の工事現場を見ているよう。
    工事車両好きの子供にはたまらない絵本ですね。
    私も息子のおかげで、今まで知らなかった工事車両の名前など勉強になりました。
    ブルドーザも種類が色々あるんだ〜とこの絵本で知りました。

    掲載日:2009/06/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • オススメです

    主人がいろいろ教え込んだせいか、娘は工事車両が大好き!
    図書館でこの本を見つけ、自分から目を輝かせて持って来ました…。
    大きくて個性的な動きをする工事車両は、子供にとって
    普通乗用車とはまたちがった魅力があるんでしょうね。
    この絵本はなかなか動きに迫力を感じさせてくれる絵で、
    実際の工事現場を見ているかのようです。
    特に乗り物好きな子にはオススメの絵本かと思います。

    掲載日:2009/05/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵合わせのような楽しみがあるようです

    車に興味のない私から見るとすごく地味な本なのですが、山本忠敬さんの乗り物絵本が大好きなうちの息子は、この本も大のお気に入りです。

    1ページめくるごとに工事車両1種類が説明されていて、最後のページには全部の車両がいっせいに働いている絵が描かれています。表紙にも車の絵が描かれています。息子は1ページめくっては最後のページと見比べて同じ車を探したり、表紙で同じ車を確認しながら読んでます。絵合わせのような楽しみがあるようです。

    掲載日:2009/03/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 山本忠敬さんの絵が大好き

    当時車が大好きだった長男に買いました。
    車の中でもとくに工事車両がお気に入りだったので
    この本は本当に夢中になって見ていました。
    何度も読んで読んでともってきた思い出があります。

    山本さんの描かれる車は私も大好きなので
    親子ともども大好きな絵本の1冊になりました。

    工事車両とともにいつも見えるわんちゃんも息子のお気に入りでした。

    掲載日:2008/09/17

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ブルドーザとなかまたち」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / じゃあじゃあびりびり / からすのパンやさん / どうぞのいす / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / おやすみ、はたらくくるまたち / はたらくくるま ショベルカーザック / もこ もこもこ / いないいないばあ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『illuminature(イルミネイチャー)』 編集者 竹下純子さんインタビュー

みんなの声(37人)

絵本の評価(4.47)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット