あきぞらさんぽ あきぞらさんぽ あきぞらさんぽの試し読みができます!
作: えがしら みちこ  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
いろんな秋に、会いに行こう!

ふうせんねこ」 4歳のお子さんに読んだ みんなの声

ふうせんねこ 作・絵:せな けいこ
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\700+税
発行日:1972年12月
ISBN:9784834003734
評価スコア 4.23
評価ランキング 17,301
みんなの声 総数 121
  • この絵本のレビューを書く

4歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • あれ?こんなこいるよね??

    せなけいこさんの小さめのサイズの絵本です。
    ねないこだれだのようなお化けは出てきませんが、悪い子はお空へとんでっちゃうぞと言わんばかりのちょっと、子どもの背筋が伸びそうな?そんな絵本は独特で、素敵です。

    今回のこのかわいいふうせんねこ、読んでいるうちに、あれ?こんなのこいるよね??と笑えてきます。

    いやだぷー!

    妹にお菓子あげないぷー!
    おもちゃ買ってくれないからぷんぷんぷん・・

    うちにもこんな子いました!
    隣で読んでいる時にも、あ?もしかして・・って自分でも気づいたのか少し恥ずかしそうにしています。

    あまりにぷーぷーしてたらふくらんでお空に飛んで行っちゃったね。

    こういうと、ちょっと恥ずかしさも出て来たのか、違うもん!と言っていました。

    単純な繰り返しの中でも子どもの心に訴えかけるものがたくさんあるせなけいこさんの絵本。

    やっぱり独特ですが大好きです。

    投稿日:2016/10/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 結末が・・・。

    怒りん坊のねこ、

    お片付けもしないし、いもうとにも優しくしない。

    わがままをいったり、ご飯を食べなかったり、

    どこの家庭でも一個はあてはまるんじゃないかな?

    といった内容です。

    怒ってばかりいたら、空に飛んでいきます。

    その絵を見たときは二人で笑いましたが、

    そのあとの絵をみて、ちょっと考えてしまいました。

    どういうこと?どういう意味?って

    悩まされる感じ、個々に結論を出すんでしょうね。

    投稿日:2013/09/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 語感がいいですね

    図書館で娘が見つけて声に出して読んでいました。怒った猫の絵とふうせんねこっていうタイトルが絶妙だなと思いながら見てたんですけど、きかんぼうでわがままな猫が娘そっくりで「誰かさんみたいだね」と思わず笑ってしまいました。
    また、ぷーという韻を踏んでいるのが心地よく、子どもも読むのがおもしろいみたいで、何回も読んでいました。
    ぷーっと膨らんでとんでいってしまったネコさんがどうなったのか、子どもと想像するのも楽しいですよ。

    投稿日:2009/02/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • ある程度大きくなっても楽しめる

    ある程度大きくなっても楽しめる絵本だと思います。

    息子は4歳ですが、いやだといってふくれている猫に「そんなことしちゃダメだよね!」と言ったり、泣いている妹猫にイイコイイコしたり。
    最後、ふくれたふうせんねこが飛んでいく場面では、外国に行ったと思って、「いいなぁ〜」と言っていました。
    違うんだけど、まぁ、いいか。

    未だに繰り返し読む、お気に入りの絵本です。

    投稿日:2008/04/26

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ふうせんねこ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / おおきなかぶ / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / おつきさまこんばんは / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かえるがみえる
    かえるがみえるの試し読みができます!
    かえるがみえる
    作:松岡 享子 絵:馬場 のぼる 出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
    かえるがみえる、かえるがかえる、「える」の変化だけで愉快なお話が生まれます!言葉の手品みたいな絵本


『にんじゃかぞえうた ひみつのてがみじゃ!』 さいとうしのぶさんインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット