ほげちゃんとこいぬのペロ ほげちゃんとこいぬのペロ
作: やぎ たみこ  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
大人気!ぶさカワ「ほげちゃん」待望の第3巻目刊行!
ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば

ほげちゃん、頑張りました!
ほげちゃんが、こいぬのペロにやきもちを…

ふうせんねこ」 大人が読んだ みんなの声

ふうせんねこ 作・絵:せな けいこ
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\700+税
発行日:1972年12月
ISBN:9784834003734
評価スコア 4.23
評価ランキング 15,347
みんなの声 総数 118
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • この終わり方で、小さなお子さんたちは?

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子14歳、女の子10歳

    小さい子向きの絵本を探していて見つけました。
    この主人公のねこって、男の子か?それとも女の子?どちらでしょう?
    「おねこさん」の「お」は、「おこってぷー」の「お」にわざとかけていただけかな〜。
    服装は男の子っぽいんですが、「おねこさん」っていうと、
    なんだか女の子のような気もするし…。

    おねこさんも妹も服を着ているのに、最後にシルエットで登場するお母さんだけがやたら、普通のねこっぽくて、ちょっと違和感を感じました。
    でも、小さい子って、そういうところは気にしないのかしら?
    自分の子どもが小さい時にはめぐり逢わなかったので、読んであげたことはないのですが、
    おねこさん(主人公)が膨らんで飛んで行っちゃったまま終わるこのラストに、ちょっと驚きました。
    普通の展開だと、お母さんが探してきてちょっとしかられて終わるとか、ですよね?
    これを聞いた時の小さなお子さんたちの反応が知りたいです。

    掲載日:2010/03/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • いやいや期のお子さんに!

    いやだ、いやだと、「ぷー」とふくれていく、おねこさん。
    文の最後に「ぷー」が付くので、おねこさんがふくれていくたびに、
    リズミカルに楽しく読み進んでいけます。

    最後にはふくれすぎて飛んでいってしまう、おねこさん。
    かあさんが屋根で呼んでいるシーンは、なんだかシュールな感じがしましたが、
    2歳児ぐらいのお子さんには、インパクトある一冊になるような気がしました。

    いやだ、いやだばかり言っていると・・・飛んでいっちゃうよ!
    なんていう例えが、リアルに感じられる絵本です。

    掲載日:2010/02/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 瀬名恵子さん

    瀬名恵子さんの作品だったのでこの絵本を選びました。怒っている様子を風船と表現する独特な言い方が素敵だなと思いました。空に飛んで行ってしまう時の主人公の表情が心に残りました。今まで怒っていた表情がぱっと変わる瞬間をとても上手に捉えているなと感心しました。空に浮かぶ雲もふわふわした感じに表現してあるのが素敵だなと思いました。

    掲載日:2009/01/29

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ふうせんねこ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / ぐりとぐら / ねないこ だれだ / きんぎょがにげた / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



第11回 『くつ あらいましょう』のさこももみさん

全ページためしよみ
年齢別絵本セット