だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!

ありがとうのきもち」 5歳のお子さんに読んだ みんなの声

ありがとうのきもち 作:柴田 愛子
絵:長野 ヒデ子
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2002年12月
ISBN:9784591074435
評価スコア 4.54
評価ランキング 4,820
みんなの声 総数 27
「ありがとうのきもち」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

5歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 気持ちを伝えるなら上手く伝えよう

    女の子のあーちゃん(あやな)は、引越しするときにみんなにカードをあげます。感謝の気持ちで、その人にあわせて書いたカードですが、親友のあきくんにあげたのは「あばれんぼう」。あきはだいすき、と書いて欲しかったのに、、、。貰ってもらえないままで、最後の日に「げんきいっぱい」と書き直したカードをあきにあげます。

    同じことを表現するとしても、良い言い方で伝える方法、子供にも学んで欲しいと思います。まだ5歳には難しいけれど、こういう絵本で、なんとなく雰囲気をつかめていくのではないかと思います。

    掲載日:2013/05/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • たいせつなともだち

    年中さん三月最後のおはなし会に読みました。ほのかな恋ごころのすなおさとちょっぴり複雑さが良く表れていると思いました。おすすめでは小学校以上と書かれていますが、三月は引越しの時年中さんでも引っ越す子がいて理解してくれていたと思います。恋心は複雑ですね。保母さんのほうが感激してました・・・

    掲載日:2013/03/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子ども素直な心

    長野さんの絵は、たいこさんシリーズから入り、ほのぼの可愛らしくてすごく好きな絵です。

    主人公の“あーちゃん”がみんなに書くありがとうカードはどれも、短くて、シンプルで、素直で、時にぶっきらぼうな言葉で書かれていて、一番の仲良しの“あき”にも「あばれんぼう あき」と…。
    それらの言葉は、一見‘天真爛漫な主人公’という印象を読者に与えますが、何回も読み返していくうちに、違う視点が生まれてくるのは僕だけでしょうか?
    それは、本当は別れが辛くて、寂しくて、泣いてしまいたい気持ちをみんなに悟られたくなくて、照れ隠しのような気持ちであーちゃんはああいう言葉を選んで書いたのではないか、という考え方です。
    そして、そういう明るい言葉のカードなら、一人一人に読んで渡すときにも笑顔で渡せる…
    実際には、あーちゃんが涙を見せたり、寂しそうな表情をしている場面は出てこないので、僕の考えすぎかもしれませんが、もしその想像の通りだったとしたら、なんとあーちゃんは心の優しい子なのだろう、と感動してしまいます。

    子どもは大人の考えてる以上によく考えているし、いろんなことをちゃんと分かっているんだよなぁということを思い出させてくれる一冊です!

    掲載日:2010/10/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • カードを書くときの気持ち

    • セルバさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子6歳、女の子5歳、男の子0歳

     小学校に上がる前子供は(多分特に女の子は)覚えたばかりのひらがなで、しかも大人には読めない字でがんばってお友達にお手紙書いたりしませんか?この本はそんな経験のある子供にぜひ読んでもらいたいです。
     
     今度引っ越すことになったあーちゃんが、「遊び島」のお友達一人一人に自分の気持ちを綴ります。その一言一言が、とってもよいです。子供らしく相手のことを理解していて、素直に短い言葉で伝えられていて。

     でも、仲良しの「あき」は、あーちゃんの書いたカードを受けとらないのです。「いらない!」と大声を出して拒否。あきが書いてもらいたかった言葉がそこになかったからです。あーちゃんは泣きます。

     そんな経験きっと誰にでもあると思います。相手を思って言葉を伝えるのは難しいよね、カードに書くとはっきりしちゃうから、相手の気持ちも考えよう、そんなことを思いながら、読み聞かせをしました。

    掲載日:2010/04/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 気持ちが伝わること

    • けいご!さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子9歳、男の子5歳

    気持ちを伝えるって、簡単なようでむずかしいことを、この本から教えられました。
    自分の伝えたい気持ちと、相手が受け取りたい気持ちが、ときとして異なることがあるんですね。
    とかく、小さいときは、お互いの気持ちがすれちがうことも多いと思います。そんなエピソードを、この本は温かい目線で描いていて、読んでいて、ほほえましくなりました。

    掲載日:2008/08/05

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ありがとうのきもち」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / どうぞのいす / うんちっち / いないいないばあ / ぐりとぐら / からすのパンやさん / ぐるんぱのようちえん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


『ことわざ生活 あっち篇 こっち篇』<br>ヨシタケシンスケさんインタビュー

みんなの声(27人)

絵本の評価(4.54)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット