なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
おはなばたけちゃん。さん 40代・ママ

すこしハラハラしながら・・
4歳になって再び読んでみました。 以…

あかい ふうせん」 2歳のお子さんに読んだ みんなの声

あかい ふうせん 作・絵:イエラ・マリ
出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1976年
ISBN:9784593500277
評価スコア 4.34
評価ランキング 10,211
みんなの声 総数 67
  • この絵本のレビューを書く

2歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ビジュアル・デザインブック

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    イエラ・マリさんは、ご主人とともに、イタリア出身のプロダクロト・デザイナーととして有名な作家です。
    この作品は、1967年の作品。

    まさに、子供だけではなく大人も楽しめる、ビジュアル・デザインブックと呼ぶに相応しい絵本です。
    最後のページの傘をさしているシーンを上から描写したところなんて、ハットする美しさです。
    文字は全くなく、赤と黒で描かれた絵が次々に変化していきます。
    教育テレビで放映されるような次々に変化する画像が、そのまま絵本の世界にやってきたような印象を覚えました。

    この手の絵本が好きな年って、かなりレンジが限られてしまうと思いますので、対象年齢は難しいところですが、無茶苦茶好きなお子様もいると思います。

    掲載日:2008/08/25

    参考になりました
    感謝
    1
  • グラフィカルに美しい

    1歳の時も読んだことがあるのですが、2歳8か月の息子とともに再読。
    どちらかというと、私がまた見たくて。

    赤い風船がリンゴになったり、蝶になったり、花になったり、最後に傘になるという、字のない絵本。
    黒い細い線と、赤い部分との2色。そして、いい感じの余白の白(地)。
    とても印象に残ります。
    細い線も、赤い部分の動きも流れるようで洗練され、とてもステキです。
    雨の表現としての、ストライプの部分も、イイです。

    息子とは「次は赤い部分は何になるかな?」などと言って読みました。
    彼もとても楽しかったようです。

    好みは分かれると思いますが、私の好みの1冊です。

    掲載日:2013/11/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 風船が印象的な絵本

    • キースパパさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子2歳、女の子0歳

    最初、文字が全くないのでいいなあと思っていたくらいでした。
    何回か子供と読み進むにつれ、自分もアートチックなこの絵本が気にいりました。
    赤い風船が目にも鮮やかで、刺激があります。
    遊び心もふんだんにあって、むしろ大人向けの絵本じゃないかと思うくらいです。

    掲載日:2013/08/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • この絵本を見せた途端、急に静かになって凝視し始めた息子。
    確かに白いページに赤い風船、とてもインパクトがあります。
    その後も次々と姿を変えていくさまに興味津々の様子。
    言葉ないぶん五感を刺激されるのかもしれません。
    リンゴが落ちたページで私が思わず『割れちゃったねえ。。。』と言ったら、その後何度もページが近づくたびに同じ言葉を繰り返していました。

    掲載日:2013/06/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 字の無い絵本

    • みるぴんさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 男の子2歳

    2歳5カ月の息子と読みました。
    赤い丸が、チューインガムから始まり、風船になり、チョウチョになりと
    どんどん変化していきます。
    息子は初めて見た瞬間から好きでした。
    次のページに行く前に、次は「チョウチョ」「りんご」と当てて楽しんでいるようです。
    息子一人でも読んで楽しむことが出来ます。
    赤以外は細い黒い線で描かれていて、その対称がとても綺麗です。

    掲載日:2012/04/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 印象的!

    風船が大好きな娘。
    膨らました風船が変化していくのが面白いのと、シンプルに線画と赤いモチーフだけというのが印象的なようで、お気に入りになりました。
    ただ、まだ赤い主役に目を奪われて、まわりの線画の細かい変化は観察が追いつかないみたいです。
    そっちにも目が行くようになったらさらに楽しめると思います。

    掲載日:2012/02/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • おすすめ

    • Iママさん
    • 30代
    • ママ
    • 京都府
    • 女の子3歳

    2歳の娘と読みました。赤い風船が風にのりながらどんどんと形を変えていきます。赤以外カラーはないのでどの赤もすごく印章的です。大人の私は風船がりんごになるわけ無いじゃん、って思ってしまったりするのですが、子供の発想って自由で、そんなことは絶対に思わなくってこの絵の通り「あ、りんご!」「あ、ちょうちょ!」って喜んでいました。子供の想像力ってすごいなーって関心させられた1冊です。

    掲載日:2011/09/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 赤が鮮明

    1歳後半に届きましたが、興味がなくがっかりしていたのですが、最近(2歳1ヶ月になり)ようやく興味を示し、「りんご!読んで」と持ってくるようになりました。

    りんごが落ちて、ひびが入り蝶になっていく様子が好きなようです。

    言葉は、ありませんが、「読んで」と持って来てくれます。

    めくるだけにした時もあれば、リアクションをつけたりと、読み方にも、工夫が出来、親も楽しんでおります。

    赤は、赤ちゃんにもよく見える色らしいので、赤!!の印象も強い絵本です。

    掲載日:2010/08/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 現代的な美しさ

    2歳2ヶ月の息子のために図書館で借りてきました。字のない絵本をどう読もうかという試みのつもりでした。

    どきりとするような美しさです。とても現代的です。古いものにある温かさや懐かしさのようなものは感じられません。洗練されていて、あかぬけていて、それでいて奇抜ではなく、飽きません。

    息子も目を見開いて見ていました。不思議な世界に取り憑かれたようでした。ついつい手に取って開きたくなる絵本です。

    掲載日:2010/07/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 美しい絵本

    緑のバックに燃えるような赤い風船の表紙に
    つられました。
    とにかく、美しい絵本です。文字がないので
    読むたびに言葉は違いますが、
    子供もその色鮮やかさに見入っていました。

    赤い風船が次々と形を変えていく様子が
    とても幻想的です。

    掲載日:2009/11/06

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「あかい ふうせん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / もこ もこもこ / きんぎょがにげた / おおきなかぶ / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / からすのパンやさん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。


「MR.MEN LITTLE MISS」アダム・ハーグリーブスさん インタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット