だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

ビビビビビ」 大人が読んだ みんなの声

ビビビビビ 作・絵:五味 太郎
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1994年6月
ISBN:9784032047608
評価スコア 4.32
評価ランキング 12,925
みんなの声 総数 24
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ビビビビビくんは げんきです
    いたずたずきです   よりみちずきです  ひとのこ みたいです
     
    本当にいたずら好きですね ラジオの電波からとびだしたようですが
    五味さんは 人の子みたいですと 子どものいたずら好きを こんな音楽のような絵本で表現するなんて すごいです!
    おもしろすぎ
    うさぎもびっくり   おや? ヘビは ビビビの音楽の中に ちゃんと ヘビと出てくるところ みのがせません
    ぞうさんなんか あまりかんじないからかしら?  いたずらぼうやの笑顔めちゃくちゃ 満足そうです
    ことりさんは ちょっとかわいく ビビピ ♪のようで すごく楽しい
    いたずらぼうやも テレビの中に入って   スヤスヤお休みですね

    本当に楽しい絵本 ビビビビビ   
    五味さんの遊び心に感心しました

    掲載日:2016/11/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 電波?

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子17歳、男の子14歳

    送信機?から飛び出した電波?がビビビビビと冒険するようなストーリー。
    文章はなく、ビビビビビといった音だけでの展開です。
    あちこちの動物たちにもぶつかっていきます。
    「ビ」の持つ音のイメージがおもしろいです。
    やはり、感性で読むしかなさそうですね。
    電波には顔があり、そのなんともいえない表情がポイントでしょうか。
    ラストはなるほど!です。
    小学校で読みましたが、みんなその音を楽しんでいたようでした。

    掲載日:2010/11/06

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ビビビビビ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / もこ もこもこ / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / そらまめくんのベッド / めっきらもっきらどおんどん / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。


葉祥明さんの描く不朽の名作

みんなの声(24人)

絵本の評価(4.32)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット