貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

ねずみとくじら」 2歳のお子さんに読んだ みんなの声

ねずみとくじら 作・絵:ウィリアム・スタイグ
訳:せた ていじ
出版社:評論社 評論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1976年
ISBN:9784566001039
評価スコア 4.35
評価ランキング 10,879
みんなの声 総数 16
「ねずみとくじら」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

2歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 涙なしには読めません

    瀬田さんご自身の『絵本論』の中で紹介されていたので興味を持って借りてきました。

    2歳の息子にはまだ早いのはわかっていました。絵に対して文章がやや多いですし、1文がまた長いのです。内容も「ほ乳類」など、小学生にならないと理解できない点もあります。

    でも、ストーリー自体はそれほど複雑ではありませんし、小さな子にも理解できる流れだと思います。長い文章も、とても詩的で美しく、難しいかもしれないけど、子供に触れて欲しいと思うような文体でした。実際に、息子は結構よく聞いていました。

    くじらとねずみの友情には自然と涙が流れてきます。大人もじゅうぶん楽しめる絵本だと思いました。

    掲載日:2010/09/05

    参考になりました
    感謝
    1

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ねずみとくじら」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / ねないこ だれだ / はじめてのおつかい / おおきなかぶ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『ペネロペのおうち』編集者 増井麻美さん インタビュー!

みんなの声(16人)

絵本の評価(4.35)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット