あかちゃんの木 あかちゃんの木
作: ソフィー・ブラッコール 訳: やまぐち ふみお  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「あかちゃんは、どこから来るの?」 子どもの疑問に、しっかりと向き合います。あかちゃん誕生にまつわる絵本。
りおらんらんさん 30代・ママ

いいです!
6歳の娘が、赤ちゃん大好きでして。 …

やんすけとやんすけとやんすけと」 大人が読んだ みんなの声

やんすけとやんすけとやんすけと 作・絵:梶山 俊夫
出版社:三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:1988年05月
ISBN:9784895881036
評価スコア 4.4
評価ランキング 8,978
みんなの声 総数 9
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 前向きで良いなぁ

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子、男の子

    ナビで紹介があったので図書館で借りてきました
    なんでも増えちゃう”つぼ”って・・・、どうしてそんな簡単に、あげちゃうのかしら・・・?
    あら、そんな簡単に壊れちゃうの?だから・・・?
    それにしても女性が考えることって、なんとなく打算的ですね

    昔話でもそうなんだから、今の時代はもっとだな〜なんて一人で関心してました

    普通だったら、ラストは残念な結果でしょうけど、前向きなやんすけたちに、わたしも安心して読めました

    掲載日:2010/11/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 木こりのごんさんは、はたらきもの 昔話はどことなく おもしろいです

    きつねをたすけたお礼に 壺をもらうのですが・・・ものがたくさん増える不思議な壺(こんな 話はよくあるのですが・・・・)

    やんすけが持ってきた一個のおむすびが、なんと たくさんあふれでてきて食べきれない!
    みんなにわけてあげようと やんすけが壺にはいるのですが・・・・・

    私はみんなに分けるというのは おむすびをみんな(村のみんな)にあげると よみましたが やんすけが 食べるんです(お話の世界ならではですね)

    お母さんが かかえて持って帰るときに割れるのですが・・・(こんな壺を持っていたらどうなるのかな?)

    だれも怒りはしません、たくさんのやんすけをどうして育てようという悩みます
    しかし 結末は・・・・

    これを子供と 劇ごっこしたら 展開もおもしろいと思いました。
    ごんさんは 働き者 やんすけたちも 働き者になったのでしょうかね

    将来が楽しみなような 昔話のおもしろさでした。

    掲載日:2010/06/15

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「やんすけとやんすけとやんすけと」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / じゃあじゃあびりびり / がたん ごとん がたん ごとん / ねないこ だれだ / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



新しい命との出会いと戸惑い、そして心からの喜び

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.4)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット