だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

ピン・ポン・バス」 2歳のお子さんに読んだ みんなの声

ピン・ポン・バス 作:竹下 文子
絵:鈴木 まもる
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1996年09月
ISBN:9784032210408
評価スコア 4.7
評価ランキング 1,309
みんなの声 総数 133
  • この絵本のレビューを書く

2歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

22件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • のりもの好きだけど…

    • ポン太さん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子2歳、女の子0歳

    2歳3ヶ月の息子に図書館で借りて読んであげました。

    のりものが好きで、この作者の絵本も気に入る事が多いので、今回も喜ぶかなと思ったのですが、息子の反応はいまいち。
    一度読んだだけで、もう一度読んで欲しいと持ってくる事はありませんでした。

    息子の好みが、いまいち分からない…。

    掲載日:2014/12/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 男の子大好き!

    男の子ってバスが大好きですよね。特に私の保育園の子ども達はとても身近にバスがあるので男の子達の食いつきようが半端ないです!(笑)

    バスの一日の様子がとっても丁寧に描かれていますね。最後のページの運転席の説明の部分も良いな〜と思います。「これ何?」と車好きの男の子達から質問攻めにあっています!

    掲載日:2014/11/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 優しさやマナーも示してくれます

    • 月の華さん
    • 40代
    • ママ
    • 京都府
    • 男の子2歳

    バスの運行の様子の中で、運転手さんやお客さん同士の、優しさマナーが垣間見られます。
    時に四コマでその様子を見られるのも、息子は気に入ったようです。
    席を譲ってあげる。落し物を拾ってあげる。遅れて来たお客さんを待ってあげる。外から手を振る子供のためにゆっくり走ってあげる。
    読み進むにつれて、なんだか本和歌する絵本です。
    バスの音の表現が普通すぎたので−1にしました。
    それだけです。

    掲載日:2014/11/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 息子のお気に入り

    息子は大の電車好きなので、バスの本は興味がないかと思って与えずにいたのですが、友人からプレゼントで頂いて読んであげたところ、物凄く食いつきが良くて驚きました。やはり親が勝手に判断せず、色々な本を読んであげるのが大切ですね。
    このバスは賑やかな駅前を出発して、終点に近づくにつれて田舎の風景に変わっていきます。その情景(特に夕焼けのシーン)は美しくて、大人が読んでいても思わず見入ってしまう程。
    それに車内の人々のちょっとした交流や、運転手さんの優しい気遣いなど、読んでいてほっこりさせられます。
    何度も同じ本を読んでとせがまれるのは大人にとっては時々しんどく感じる事もありますが、この本なら繰り返し読んでも一緒に楽しめてオススメです。
    息子はこの本に出会ってからバスの運転手さんの真似をよくするようになりました。

    掲載日:2014/01/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 悪くないけれど、少し単調

    2歳8か月の息子の要望で図書館で借りました。これで2度目です。

    バスが駅前から山の上の方まで行く途中の、さまざまな出来事を描いた本です。
    竹下さんと鈴木さんご夫妻の本ですから、やはり外れがありません。
    車好きにはたまらないように、いろいろな車を描いてくれていますし、
    あたたかいエピソードも満載です。

    息子も喜んでいましたが、、ただ、ストーリーに印象的な部分が欠けたかもしれません。
    ご夫妻の他の本と比べて、少し単調な内容でした。

    良い一冊だとは思うのですが。

    掲載日:2013/11/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 田舎町のゆったりした雰囲気

    バスに乗るのが大好きな2歳の息子と読みました。駅前を出発したバスが、いろんな停留所で「ピンポン」と停まります。
    読みながら、息子が何度も関係ない停留所でボタンを押してしまい、「すみません。まちがいです!」とバスの運転手さんに謝ったことを思い出して苦笑いしてしまいました。子どもは「ピンポン」となるあのボタン好きですよね。
    懐かしい感じのする絵で、大人も楽しめると思います。バスの運転手さんが、バスを停めて忘れ物を届けてくれるかしら?と気になるシーンもありますが、田舎町のゆったりした雰囲気も感じられ、ほっこりする1冊です。

    掲載日:2012/07/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • ドラマととも進む

    駅から出たバスが、スーパーマーケット、学校、
    病院、ペットショップ・・・たくさんの人を乗せて
    ピンポン、という音とともにバス停にとまります。

    細部まで描かれた街並みや田んぼの風景、車内の様子や
    その中で見られるお客さん同志の触れ合い、転手さんの配慮。
    言葉で表現されていないドラマもたくさんあります。
    働く車好きな息子はあっという間に夢中になりました。
    とにかく色んなページの細かいところを指さしては
    「バス停だ!」「赤ちゃんだ!」「ガソリンスタンドがある!」
    と、とにかく発見をしたくなるようです。

    鈴木まもるさんの車シリーズは単に車の働きだけではなく、
    その仕事に携わる人、関わる人たちの交流や優しさが
    描かれているのが魅力的です。

    図書館で借りてきたのですが、これは購入です!

    掲載日:2012/04/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • バス好きっ子にはたまらない!!

    2歳ちょうどの息子。一時期ほぼ毎日これを読んでいました。
    他にもいくつかバスの本はあるのですが、こちらが一番好きみたいです。
    素朴で、リアリティがあって、細かいところまできっちり丁寧な絵があって。
    息子は乗り物大好きですが、特にジオラマが好きで、そのせいか絵本も細かい物が丁寧に描かれている絵が大好きです。ストーリーももちろんですが、絵の隅々を見て楽しめるのがいいみたいですね。
    この絵本でも、乗客の人一人一人、道路を走る車一つ一つ、どれも見ていて面白いみたいで、いつも発見があるみたいです。
    本当に、路線バスが走る車内や停留所の様子がリアルで、それが余計にこちらの想像力をかきたてるのかもしれません。
    乗り物好きには絶対はまると思うなあ。
    続編もぜひぜひほしいです。

    掲載日:2011/10/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • ほのぼのするバスの絵本

    • メロンナさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 男の子2歳

    バスが大好きでたまらない息子に、絵本に興味を持って欲しくて購入しました。

    いつも乗っているバスと同じ色で描かれているので、
    息子も大興奮で指差して「バス!バス!」と楽しんでます。

    ただバスの絵に夢中で、ウォーリーを探せのようにバスを探して見つけたら次のページに進もうとします(笑)

    おはなしも楽しめるようになるまで、愛読(?)中です。

    親の視点から見ると、ストーリーもほんわかする内容で、運転手さんのやさしい気配りが心地良いです。
    また、絵のタッチもとても暖かく細かい描写まで描かれていて、
    発見した時の楽しさもあります。

    絵のみで語られている文章化されてないストーリーが沢山あります。
    この点がとても魅力だと思います。

    それをお子さんと見つけて行くのもとても楽しいと思います。

    掲載日:2011/09/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • ピンポン

    子どもたちの大好きなバスのお話。
    普通の路線バスの様子がよくわかる絵本です。
    バスがバス停に停まるときに「ピンポン」って音がします。
    5歳の長男がもう少し小さかった頃、ピンポンのところだけ長男が読むのを担当していました。
    2歳の次男もお気に入り。
    そのうちピンポンって言いたがるのかな?
    海へいくピンポンバスとセットでよく読む本です。

    掲載日:2011/06/14

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ピン・ポン・バス」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

ごぶごぶ ごぼごぼ / こぐまちゃんおやすみ / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / おつきさまこんばんは / はらぺこあおむし / いないいないばあ / からすのパンやさん / どうぞのいす

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


すべてのおとなとこどもに贈ります

みんなの声(133人)

絵本の評価(4.7)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット