たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ
 出版社: サンリオ サンリオの特集ページがあります!
メモ&付箋96枚いり!おてがみがもっとたのしくなる折りてがみアイデアがいっぱい♪

しずくのぼうけん」 5歳のお子さんに読んだ みんなの声

しずくのぼうけん 作:マリア・テルリコフスカ
絵:ボフダン・ブテンコ
訳:内田 莉莎子
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:1969年08月
ISBN:9784834002089
評価スコア 4.52
評価ランキング 5,079
みんなの声 総数 122
  • この絵本のレビューを書く

5歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

14件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • かわいく学ぶ

    おばさんのバケツからとびだした
    しずくの冒険のおはなし。

    しずくは蒸気になったり氷になったり、
    雨になって降ったり・・・

    楽しく長い冒険が、水の性質をおしえてくれます。

    水ってこおりになるんだ!
    水って消えるんだ!

    へぇ〜と言いながら子供が聞いていました。

    掲載日:2010/10/22

    参考になりました
    感謝
    1
  • おもしろい

    • みっとーさん
    • 30代
    • ママ
    • 滋賀県
    • 男の子5歳、女の子3歳

    最初は、しずくちゃんが冒険する絵本という感じで読み進めるのですが、3ページほどするといきなり水の循環に関する教育本並みの知識を織り交ぜてきます。
    でも絵がかわいくて、読んでいてすごく楽しい。
    素晴らしい!のちに親子の会話で、水の循環から環境教育にまで発展させられます。
    ただ、字がかわいらしい文字で書かれているので、5歳の息子には読みにくい文字がいくつかあり苦戦していました。

    掲載日:2016/10/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 水の循環

    5歳の息子と読みました。
    水が気体になったり、個体になったり、いろいろな旅をして…
    水の循環がよくわかる本です。
    しずくのイラストがとてもかわいい。
    字も手書きで、雰囲気があります。
    息子は汚れたしずくに興味津々。楽しかったようです。

    掲載日:2016/08/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • なつかしい

    自分も子供のころに読んだような記憶があり、なつかしかったです。

    汚れたしずくが、クリーニング屋さんにいったり、病院にいったり、、、でも最後は自分のなれたところに戻れます。冒険の楽しさを伝えると同時に、自宅の良さも伝わるような気がします。

    掲載日:2014/07/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • こどもが大好きな本です

    • ポコポコさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 男の子9歳、女の子5歳

    子供が幼稚園の年少さんの時に読んでから大好きになって、何度も何度も幼稚園から借りてきては読んでいる本です。

    バケツから飛び出した水のしずくが、旅にでるというお話。

    ぎらぎら照りつける太陽の所では、水蒸気となって空へ上っていったり、
    そうかと思うと今度は雨雲からぱらぱらと地面へもどったり。

    寒い寒い夜には、氷のかけらにもなっちゃいます。

    洗濯機の中でぐるぐる回ったり、水道管に吸い込まれたりと、しずくの身には危機が何度もせまりますが、その度に、形を変えて、危機を脱出。

    どんなに困ったことになっても、最後には元のげんきなしずくちゃんに戻るところが、子供心をひき付けるようです。

    日本語が簡単で分かりやすいので、小さなお子さんでも楽しめると思います。

    掲載日:2014/03/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 勉強になります

    年長さんになってから、自然や科学などに興味がでてきた5歳長女。今だったらこのお話も理解できるかな?と思って借りてみました。

    レビューを見ると「わかりやすい」などいい意見が多かったので、期待して読みましたが、期待通りでした。水が蒸発したり、また液体になったり、そういう変化がわかりやすく描かれていてとても楽しみながら勉強になりました。長女も真剣に聞き入っていました。これはお家に1冊あったらいいかも。

    掲載日:2013/11/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 予想外でした

    見た目だけではこんな内容の絵本だとは想像していませんでした。なんとなく聞いたことがあって図書館で借りてきた本。読んでみてびっくり、しずくが蒸発したり凍ったりととても科学的な変化をかわいく見せてくれます。息子にはちょっと難しかったようですが、小学生になったらまた読んであげたいです。

    掲載日:2013/04/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • エンドレスジャーニー

    • 楽葉さん
    • 60代
    • じいじ・ばあば
    • 埼玉県

     バケツから飛び出したとんがり頭のひとしずくが水の旅へ…

     よごれたしずくはクリーニング屋へ…
    そこから病院、雲、川から海へ…そして水道経由で家に戻り…
     水の循環がわかりやすく表現された科学絵本ともいえるけれど、
    擬人化されたしずくの旅行記としても幼児から十分楽しめる…

     堀内誠一による書き文字は挿絵の黒い輪郭線のタッチと
    良く合っている…
     しずくの女性言葉にはちょっと違和感がある人もいるだろう…
    またテキストが一部七五調になっているのもリズムが取りにくく、
    読みにくいともいえるので読み聞かせの時は全体の流れに沿って
    読み変えてもいいと思う…

     本来雨などの水滴は表面張力で扁平な球形になるはず…
    とのツッコミもできるかもしれないが、それはまた別な話…

    掲載日:2012/12/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 水ってすごい

    バケツの中から飛び出した一滴の水のしずく。
    冒険を繰り返しながら、次々と姿を変えていきます。

    水→水蒸気→雨→氷→水→水蒸気→つらら・・・
    ぜ〜んぶ「みず」!!
    そして、水って、消えてなくなるわけじゃないんだ!
    もしかしたら、姿を変えるだけで、永遠のもの?
    と、あらためて思いました。

    そんな水のふしぎを 楽しく可愛くストーリーに
    してるのが、いいですね!
    これなら、小さな子にもわかり易いと思います!

    掲載日:2011/07/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • おしゃれな科学絵本

    • オパーサンさん
    • 30代
    • ママ
    • 福島県
    • 女の子5歳、女の子2歳

    科学の絵本ですが、絵がとても可愛らしく、手書き風の文字も洒落ています。
    バケツから飛び出したしずくが、水蒸気になったり、氷になったり、雲になったり。
    楽しい冒険を通して、水がどうやって変化をするのか、そしてお天気の仕組みまで分かってしまいます。
    内容的にはやはりちょっと難しいので、年長さんくらいからのほうが無理なく理解できるかな。
    でも2歳の娘も、可愛い絵が気に入ったようで、楽しそうに聞いていました。

    掲載日:2011/06/09

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「しずくのぼうけん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / くれよんのくろくん / 3びきのかわいいオオカミ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



宮部みゆきさん × 佐竹美保さん 対談インタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット