もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

しずくのぼうけん」 6歳のお子さんに読んだ みんなの声

しずくのぼうけん 作:マリア・テルリコフスカ
絵:ボフダン・ブテンコ
訳:内田 莉莎子
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:1969年08月
ISBN:9784834002089
評価スコア 4.52
評価ランキング 5,567
みんなの声 総数 127
  • この絵本のレビューを書く

6歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 名作です

    • ほんもふさん
    • 30代
    • ママ
    • 岐阜県
    • 男の子8歳、男の子6歳、男の子4歳

    私が子供のころに読んだ絵本で、絵のシンプルさ色使いがとても素敵です。今回は子供に読み聞かせましたが!
    もちろん、物語もよいです。
    本タイトル通り、しずくの冒険となっており、

    しずくがいろんな所に行きます。
    水蒸気になって空へ上がったら、空から降り。。。
    ツララになったりするところが子供ながらにどきどきでした。
    大人になって読んだらそんなにドキドキしませんが。。。

    とにもかくにも絵が素敵すぎます。
    お子さんが好きな色使いが多いかもしれません。
    一度、ながめるだけでも見てもらいたい本です。

    投稿日:2018/07/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 美しい科学絵本

    言葉のリズムも、イラストも、独特の軽快さをもっていて、美しい絵本です。水が地球を、雨や水蒸気や氷、雪となって、姿を変えながらめぐっていくことが、描かれています。
    科学絵本とも、言葉遊びの絵本ともいえるけど、1冊の絵本として、素敵です。

    投稿日:2018/01/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 水の大切さや流れも実感できます

    水のしずくちゃんが、バケツから飛び出して旅に出ます。汚れたり、蒸発したり、雨になって地面に戻ったり、凍ったり、溶けたり、川になったり、水道から出てきたり、、、

    形を変えていく水の状態を絵本で学べるところが、小学生低学年におすすめのように思います。

    昔からある本ですが、面白かったです。

    投稿日:2014/07/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • つぎからつぎへ

    • ちょてぃさん
    • 30代
    • ママ
    • 静岡県
    • 女の子10歳、女の子6歳、

    最近、むすめがちょうど「しずくって何?」と聞いてきたので、図書館でこの本を借りて読んでみました。しずくが次から次へと旅する様にしずくについて娘は理解できたでしょうか?何気なく目にする小さなものを擬人化したストーリーに、想像力をかき立てられます。

    投稿日:2012/04/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 水の大冒険

    • ひめママさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子10歳、女の子7歳

    子どもが年中の頃、読みました。
    リズムよくお話がすすんでいくので、読んでいて楽しかったです。
    かわいいしずくが、雨になって地面に落ちたり、岩の割れ目で凍ったり、川を流れたり・・・
    かわいいしずくが、いろんな形に姿をかえながら、冒険していく楽しいお話です。
    知らず知らず理科のお勉強にもなりますね。
    でも、そんなことは考えずに、ただ純粋にこのお話と絵を親子で楽しんだらよいと思います。
    男の子も女の子も楽しめるお話です。

    投稿日:2012/02/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • いろいろな水

    しずく・こおり・蒸気と、水にはいろいろな形がありますね。
    川・雲の上・家の水道など、どんな場所にもいます。

    子供は、楽しい冒険物語として読んでいたようですが、よく読めば、水の科学絵本ではないでしょうか。

    小学校で理科の授業をした後だと、また違った読み方ができそうです。

    投稿日:2011/08/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • イメージできた!

    水の性質や水が循環していることなど、ポップなイラストでわかりすく描かれています。
    水の冒険ではなく「しずくのぼうけん」って所がミソだと思いました。
    水よりしずくの方がイメージしやすい。
    息子と私のお気に入りのページはしずくが蒸発するところ。
    「かくれぼうし」って表現が忍者みたいでカッコイイそうです。
    生活している中で、私たちにとって大切なことなのに、あまり気にとめないようなことって沢山あると思う。
    蛇口をひねって水が出てきた時に「しずくちゃん 冒険お疲れ様!」って思えるような心に余裕をもって生きていきたいと思った。

    投稿日:2011/08/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 物語なのに科学絵本

    • バオバブさん
    • 30代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子10歳、男の子8歳、女の子6歳、女の子1歳

     物語なのに科学絵本になっているのがすごいです。
     自分自身が読んだ覚えがあり、子どもが学校で読んでもらったとのことだったので、懐かしく娘にも読みました。
     水の性質が物語に沿って自然と理解できます。自分の経験上も、幼いころが物語としての面白さに惹かれていても、学習するときに水の性質をすんなり受け入れられるようになるのでないかと思います。

    投稿日:2009/03/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 味がある

    ポーランドの絵本ということで手に取ったこの1冊。
    ポーランドから日本にいらしていた方も、
    「知ってる」と言っていました!

    まず、なんと言ってもしずくがカワイイのです!
    そして、毛筆で書いたような文字がまたフィットしています。

    水が循環していく様子を物語にしたということで
    ちょっと難しいのと、お話がわりと長いので
    中学年から高学年向きではないかとは思います。

    投稿日:2008/09/11

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「しずくのぼうけん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / オニじゃないよ おにぎりだよ / びゅんびゅんごまがまわったら / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『なんびきのねこたちおどる?』犀の工房・出口有加さんインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット