あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
あんじゅじゅさん 40代・その他の方

確かに、あくたれ
「あくたれ」というなんだかパンチのある…

さるのせんせいとへびのかんごふさん」 3歳のお子さんに読んだ みんなの声

さるのせんせいとへびのかんごふさん 作:穂高 順也
絵:荒井 良二
出版社:ビリケン出版
本体価格:\1,600+税
発行日:1999年11月
ISBN:9784939029059
評価スコア 4.79
評価ランキング 366
みんなの声 総数 112
「さるのせんせいとへびのかんごふさん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

3歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

14件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 笑った!

    なんだか楽しそうな表紙に惹かれて借りてきました。
    結果大正解!

    3歳の娘は、へびのかんごふさんがきつねに噛み付くところでちょっと怖がったものの、それが注射だったとわかるや大笑い。そのあとはとても楽しく読み進めました。

    よくこんなこと考えつくな〜と感心しました。
    荒井良二さんの挿絵もおもしろさに拍車をかけてます!
    (くまのお母さんが後ろの方で治療を受けている絵で吹き出しました)

    これは子供にウケますよ!
    いや、読み聞かせる大人も笑いで声が震えます。

    ぜひ!!

    掲載日:2010/10/06

    参考になりました
    感謝
    1
  • 面白い

    かかりつけの小児科に置いてある絵本です。
    行けば必ず目を通します。
    看護師のへびさんの活躍ぶりには笑わずにはいられません。
    その手があったか・・・と、こちらも唸ってしまうような七変化。
    さる先生のよき手足となって、患者さんを治療していく姿に、思わず笑顔になれるユーモアあふれる絵本です。

    掲載日:2016/09/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵本ナビさんで知って、面白そうだなと買ってみました。子ども達がお医者さんや病院に親しみを持ってくれるといいな、とも思いながら。

    最初に渡した6歳の息子は、自分で一息に読んでしまって「面白かった〜」と言っていました。
    次に読んであげた3歳の娘も、「すごく面白かった」と。2回、3回と繰り返し「読んで〜」とせがまれました。特にゾウさんのくしゃみが気に入ったようです。
    横で息子も娘に、「この本とっても面白いんだよ」と一緒に見ました。

    色調は黄緑、黄色にピンクが効いて(へびのかんごふさんの服もピンク)、まるで春の野原のような、暖かくてウキウキしちゃうような、すてきな色合いでした。
    病院の建物や無機質な機械類もありません。野原の中のオープンなお医者さんで、虫たちもちょろちょろしています(そのおかげで?くまのお母さんは災難ですが)。

    お医者さんや病院がキライなお子さんが読んだら、少しは苦手意識がなくなるかも?

    へびのかんごふさん、パーフェクトすぎです。
    ばあばも「読んで〜」とせがまれ、「さるのせんせいは何もしていないね…」とつぶやいてました。あ、やっぱり?

    最後に細かいことですが、へびの「かんごふ」さんは「かんごし」さんに変わらないのかな〜? 今の子どもには「かんごふ」って名称は馴染みがないだろうし。
    新しい版が出るときに、変更してもよいのではと思いました。

    掲載日:2016/08/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 個性的

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    お医者さんごっこがブームな娘にいいかなと思い読みました。
    なんだか予想ができない個性的なお医者さんと看護婦さんのお話でした(笑)。
    さるのお医者さんにとってへびの看護婦さんは欠かせないパートナーですね。
    へびの看護婦さんが薬草等をかみくだいて口から出して薬作りをしたり、注射器になったり…患者さんが出る度に次はどうなる!?と楽しかったです。

    掲載日:2015/03/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 主役はかんごふさん

    • ぎんにゃんさん
    • 30代
    • ママ
    • 京都府
    • 女の子3歳、男の子1歳

    異常にウケます。止めなければ10回ぐらいは連続で読まされます。

    「さるのせんせいとへびのかんごふさん」ですが、この病院はへびの看護婦さんでなりたっているのです!へびの看護婦さんは何にだって変身(?)して、患者さんの手当てをしたり検診したりするんです。
    やっぱり一番面白いのは「ガブリ」の注射かな・・・、いきなり患者さんに噛みつくんだけど、患者さんと一緒に読者も納得!!娘も大笑いです。最後は物干し竿にもなっちゃうへびの看護婦さん、すごすぎます。

    掲載日:2012/02/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 書店で娘が初めて買ってと言った絵本

    • 事務員さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子6歳、女の子3歳

    まだ私たち夫婦が絵本のすばらしさに気付いていない頃、
    たまたま立ち寄った書店で、ぶらぶら立ち読みしてて
    「これを買いたい」と娘が産まれて初めて持ってきた絵本です。
    もっと女の子らしいものが好みだと勝手に解釈していた私は
    この子らしくないものを持ってきたなと思い
    違うかわいらしい絵本に気をそらせようとしていました。

    まあいいかとあきらめ、買ったはいいが
    毎日、毎日、読まされました。
    そして、なかなかユーモラス!
    ”あそび”もあって大人もクスッと笑わされます。

    それから数年が過ぎ何百冊も読んできましたが
    この時この子がこの本を持ってきたわけが最近見えてきました。
    長女は医療ネタの絵本が大好きなんです。

    掲載日:2010/12/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • へびのかんごふさん、すごいっ!

    • くまぐまさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子3歳

    この本、以前にテレビでやっていたそうですが・・・・。

    確かに、テレビ向き?かも。

    とってもユニークな発想の物語です。

    へび年のわたしはとってもうれしい!!

    なぜって、「へび」ってやっぱりマイナスのイメージがありませんか?

    悪役が多いですよね。こわい、悪そう、いじわる、気持ち悪い・・・・。

    そんなイメージを一掃してくれます。このかんごふさん。

    最初のきつね君の荒治療にはちょっとびっくりしましたが。

    ひと呼吸おいて、「あははは!」「なるほどっ!」という感じでした。

    そのあとの患者さんたちも見事にかんごふさんの活躍のおかげで、みんなハッピー♪になれました。

    やっぱり、へびって素敵!!

    掲載日:2010/10/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • すごい看護士さん!

    ”3歳0ヶ月の息子に読んでやりました。この看護士さんがすごい。ちょっとぎょっとなることもありますが、おいしゃさんの右腕ともいえるほど貴重な存在なのです。変化自由で、いろいろなモノにかわり、診療や治療の手伝いをするのです。看護士さんにへびを持ってきたのは、こういうわけか!と手をたたきたくなります。

    こんなお医者さんたちはいませんが、いたらおもしろいだろうねーと息子と話ながら読んでいました。お医者さんが恐いというお子さんには、こんなお話で和ませてみてはいかがでしょう?”

    掲載日:2010/09/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大爆笑でした!

    • ぷりこさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子8歳、男の子3歳

    さるのせんせいは、どんな動物でも治してしまう
    プロフェッショナル!と言っても、へびの看護婦さんが
    万能な助手だからでしょうね。

    やることなすこと、可笑しくって、親子で読んで
    大爆笑しました(*^_^*)

    嫌なことがあっても、この絵本を読んだらきっと
    元気が出ます♪
    この絵本も実はさるのせんせいとへびのかんごふさんの
    元気の出る治療のひとつかも知れませんね。

    親子で楽しめる一冊です。

    掲載日:2010/09/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • へびの看護婦さんの活躍

    さるの先生とへびの看護婦さんの病院は、へびの看護婦さんが、どんな

    時にも大活躍していてその活躍ぶりに笑えました。

    さるの先生がへびの看護婦さんに頼りきっていて、まるで仲の良い夫婦

    のように思いました。

    どちらが欠けても成り立たない二人の信頼関係がいいので羨ましく思い

    ました。とても楽しい絵本でした。

    掲載日:2010/08/02

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「さるのせんせいとへびのかんごふさん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / いないいないばあ / ドングリ・ドングラ / だじゃれオリンピック / からすのパンやさん / バムとケロのおかいもの / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『ことわざ生活 あっち篇 こっち篇』<br>ヨシタケシンスケさんインタビュー

みんなの声(112人)

絵本の評価(4.79)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット