もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

おおきいツリー ちいさいツリー」 9歳のお子さんに読んだ みんなの声

おおきいツリー ちいさいツリー 作・絵:ロバート・バリー
訳:光吉 夏弥
出版社:大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2000年10月
ISBN:9784477011417
評価スコア 4.7
評価ランキング 1,381
みんなの声 総数 99
  • この絵本のレビューを書く

9歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • なつかしい

    昔読んだなあと思いながら、子どもと読みました。

    ツリーが大きすぎて、少しずつカットして、いろんな生き物たちで分け合いっこができる、、、

    クリスマスのわけあいの精神も学べて、心があたたまるのでとてもおすすめです。大人でもいいかも。

    掲載日:2017/12/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • ツリーのさきっちょが幸せのおすそわけ

    • doruさん
    • 40代
    • その他の方
    • 兵庫県
    • 姪9歳

    ウィロビーさんのお屋敷にみたこともないような大きなツリーがきました。あららでもさきっちょが天井に届いてしまうのですね。そこでさきっちょをちょん、次から次にツリーのさきっちょは人から動物へ最後はネズミの家族にわたっていくのです。なんだかツリーのさきっちょを渡すことでみんなに幸せを運んでいるようで楽しい絵本です。
    姪っ子にも読んであげてねずみさんまで幸せになってよかったねと笑っていました。

    掲載日:2010/01/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 心温まるステキなツリー(*^_^*)

    大きな一本のツリーから沢山の動物を幸せにしていくステキなお話。
    捨てられたツリーが、次から次に動物達に拾われて
    最後にはねずみが喜んで小さな小さなツリーを飾り
    幸せな気持ちになっている姿は心が温かい気持ちになります。
    次は・・・何の動物が出てくるかなと想像もかりたて
    まだまだ続く、どこまで切って続くの?
    子供はありえな〜い!と言いながら喜んでにっこりしていました。
    子供も大人も心が温まるお気に入りの一冊です。(*^_^*)
    プレゼントのもGood!お友達のお子さんのクリスマスプレゼントとして送りましたよ。

    掲載日:2008/12/23

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「おおきいツリー ちいさいツリー」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / もこ もこもこ / しろくまちゃんのほっとけーき / ねないこ だれだ / はらぺこあおむし / がたん ごとん がたん ごとん / はじめてのおつかい / からすのパンやさん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • くだものどうぞ
    くだものどうぞ
     出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    ★おいしそう・おもしろいがあふれだす★   扉をめくるとおいしそうな果物の中身が現れるしかけ絵本


ミキハウスの「宮沢賢治の絵本」シリーズ  とことん語ろう!座談会

全ページためしよみ
年齢別絵本セット