だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!

コートニー」 2歳のお子さんに読んだ みんなの声

コートニー 作・絵:ジョン・バーニンガム
訳:谷川 俊太郎
出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:1995年
ISBN:9784593503315
評価スコア 4.65
評価ランキング 2,288
みんなの声 総数 16
「コートニー」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

2歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • メッセージ性が強くある

    図書館で借りた、バーニンガムさんの絵本。
    息子と私にとっては3冊目です。

    絵は、線+色鉛筆で塗った感じのサラっとしたタイプで、お洒落な感じ。
    ストーリーは、コートニーという、血統書など持たない雑種の犬を
    もらってきたことから始まるものです。

    2歳の息子は、まあまあ好きだったようですが、
    ちょっとまだ早かったかな(なので評価は4です)。
    「けっとうしょ」とか「ざっしゅ」など意味がすべてわかったとは思えませんでした。

    犬がバイオリンをひいたり、食事をつくって給仕したり、曲芸をしたり、、と
    有り得ない、クスリと笑ってしまう設定もあります。
    が、この本には、バーニンガムさんが、
    読者である子どもたち、もしくは読む大人たちに、
    伝えたいメッセージがとても強くあるのを感じました。

    個人的な興味ですが、
    これからもほかのバーニンガムさんの本を読んで、
    彼がどのような手法で自分のメッセージを子どもたちに伝えて来たかを
    知りたいと思いました。

    掲載日:2013/08/27

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「コートニー」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / はらぺこあおむし / ぐりとぐら / いないいないばあ / おつきさまこんばんは / じゃあじゃあびりびり / はじめてのおつかい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ドイツで大人気!バニーが日本上陸

みんなの声(16人)

絵本の評価(4.65)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット