ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

ふゆのあさ」 2歳のお子さんに読んだ みんなの声

ふゆのあさ 作・絵:村上 康成
出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1997年
ISBN:9784564006593
評価スコア 4.67
評価ランキング 1,731
みんなの声 総数 26
「ふゆのあさ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

2歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • しずちゃんのかいじゅう

    2歳10カ月の息子と一緒に読みました。
    「ママ、しずちゃんのかいじゅうの絵本どこ?」と言う息子に、
    最初はどの絵本のことだろう?と考えてしまいました。

    私は雪の朝の静けさや、ワクワクする気持ちの印象が強く、
    女の子の名前は全然頭に入っていませんでした。
    息子は色々と細かいところまで聞いているのだな、
    最初読んで興味が無さそうに見えてもそうではないのだと言うことに気づかされました。
    小さいからまだこの絵本は早いかな?という心配は無用です。

    雪の日のワクワクする気持ちは、大人も子供も一緒だな〜と
    何だか嬉しくなります。

    最後に雪の球をえい!と投げて終わるのが、息子のお気に入りです。

    掲載日:2012/09/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 雪国だからなあ

    雪が降った日の朝は、本当にすぐわかります。
    静かで、そうしてあったかい。
    雪が降った日の次の日、晴れているととても寒い。

    大人になってしまった今、しかし、雪が降った日の朝は
    しずちゃんみたいに「うふふふふ」とか「おねがい」
    なんて思えないのです。
    「おねがい降っていないで」とは思うかもしれませんが。
    雪かきしなきゃいけないかなあとか、足がぬれちゃうのに
    娘はお外に行きたいっていうかなあとか(足の感覚がない
    ので、あまり調子に乗ってぬらしてもらったら困るのです)
    ああ、つまんなに大人になっちゃったなあ。

    つまんない大人な部分は隠して、しずちゃん的娘と一緒に
    雪だるまを作ったり、そりにのせてあげて引っ張ってあげたり
    しています。
    雪の朝のしずかなしずかな感じを娘にも知ってほしいな。

    掲載日:2010/03/16

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ふゆのあさ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / はじめてのおつかい / でんしゃでいこう でんしゃでかえろう / はらぺこあおむし / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


ねえ、「コワイ」って、もってる?

みんなの声(26人)

絵本の評価(4.67)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット