まるまるまるのほん まるまるまるのほん まるまるまるのほんの試し読みができます!
作・絵: エルヴェ・テュレ 訳: 谷川 俊太郎  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
「きいろいまるを おして つぎへ いこう」言葉に導かれて、ページをめくっていくと・・・? フランス発・ポップな色づかいがオシャレな絵本です。
なーお00さん 30代・その他の方

大人でも楽しい!
こんな絵本、見たことない! 大人の私…

ママったらわたしのなまえをしらないの」 大人が読んだ みんなの声

ママったらわたしのなまえをしらないの 作:スーザン・ウィリアムズ
絵:アンドリュー・シャケット
訳:石井 睦美
出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,260+税
発行日:1996年
ISBN:9784892386350
評価スコア 4
評価ランキング 18,246
みんなの声 総数 11
「ママったらわたしのなまえをしらないの」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • しってますよ

    ママが、「しってますよ」って、抱っこしてる姿にハンナをとても愛おしく思っているのが伝わってきました。ハンナも幸せそうですが、ママの方がもっともっと幸せそうに感じました。我が子をぎゅっと抱きしめている時ってきっとうれし涙が出るくらい感情が高ぶるものだと思いました。大きくなったら抱きしめたくても子供の方が嫌がると思うから、
    小さい頃に孫に思いっきり抱きしめたいと思いました。

    掲載日:2011/05/05

    参考になりました
    感謝
    1
  • かわいいから

     ハンナちゃんのママの気持ち、とてもよくわかります。
     小さな子どもの姿って、ほんとにおもしろくてかわいいですから。

     ハンナちゃんのママが、いろいろな名前で呼ぶのも、ハンナちゃんがかわいいからなんですよね。ママの呼び方とハンナちゃんの姿がぴったりあっているのが、ほほえましいなと思いました。

     元気なハンナちゃん、やさしい色あいで描かれた絵がよかったです。

    掲載日:2014/05/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 主人公

    表紙の主人公の愛らしい眼とタイトルの意外性に興味を持ったのでこの絵本を選びました。主人公の言い分が尤もなのでとても頷けました。愛情を込めて呼んでいるお母さんと主人公の間での距離感の表現がとても素敵だなと思いました。一番気に入ったのは最後の場面の主人公の目です。とてもうっとりとして幸せいっぱいな様子が伝わってきて私もとても幸せな気分になりました。

    掲載日:2009/05/17

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ママったらわたしのなまえをしらないの」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / よるくま / おこだでませんように / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



すべてのおとなとこどもに贈ります

みんなの声(11人)

絵本の評価(4)

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 0
  • 3歳 0
  • 4歳 0
  • 5歳 0
  • 6歳 2
  • 7歳 0
  • 8歳 0
  • 9歳 0
  • 10歳 0
  • 11歳 0
  • 12歳〜 0
  • 大人 3

全ページためしよみ
年齢別絵本セット