あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
レイラさん 50代・ママ

嫉妬
『あくたれラルフ』のねこ、ラルフのクリ…

ねずみくん ねずみくん」 大人が読んだ みんなの声

ねずみくん ねずみくん 作:なかえ よしを
絵:上野 紀子
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1978年05月
ISBN:9784591004913
評価スコア 4.47
評価ランキング 7,142
みんなの声 総数 33
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • しかし、ねずみくんからぞうさんまで測れるこの体重計は、一体何キロまで測れるの〜!と突っ込まずにはいられません。ヒッヒッヒと笑う動物たちの表情が、ちょっとずるい感じでとっても可愛い。今回は珍しくねみちゃんが出て来ない。

    掲載日:2014/11/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 計測の妙

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子17歳、男の子14歳

    ねずみくんシリーズ第5作。
    動物たちの大きさの対比が絶妙なこのシリーズですが、
    今度は体重比べです。
    古風なはかりが登場するので、この目盛りの読み方を知っていないと
    楽しめませんので、小さいお子さんには解説が必要かもしれませんね。
    ほとんど針の動かないねずみくんに、重い動物たちは自分たちの体重を自慢するのですが、
    ラストで意外なオチがあります。
    なるほど、このように見ていけば、そのような解釈もできますね。
    このあたりは計測の妙。
    ぞうさんの驚きの表情がたまりません。
    ねずみくんの得意そうな顔が愉快です。
    「ねずみくん ねずみくん」の題名は、呼びかけなんですね。
    なかなか味わい深いです。

    掲載日:2010/09/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • シリーズ

    以前にもネズミ君シリーズを読んだ事があり親近感が湧いたのでこの絵本を選びました。ネズミ君の仲間がどんどん登場するのが楽しかったです。小さい動物から大きい動物の順番も自然に学べるのが良いと思いました。最後の像がとてもユーモアがあって素敵な性格だと思いました。沢山の友達を持った主人公は幸せ者だと思いました。

    掲載日:2009/07/15

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ねずみくん ねずみくん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / ねないこ だれだ / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



賢治の祈り『雨ニモマケズ』柚木沙弥郎さん×松田素子さんインタビュー

みんなの声(33人)

絵本の評価(4.47)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット