ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

みんながねみちゃんに贈ったツリー
ちいさいのから、大きいものまで、クリス…

キャベツくんのにちようび」 7歳のお子さんに読んだ みんなの声

キャベツくんのにちようび 作・絵:長 新太
出版社:文研出版
本体価格:\1,200+税
発行日:1992年05月
ISBN:9784580813649
評価スコア 4.54
評価ランキング 4,797
みんなの声 総数 104
  • この絵本のレビューを書く

7歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 招き猫にだまされた

    今日もブタヤマさんはキャベツくんを食べようとします。そこへ、美味しいものがあるよ、と招く招き猫。

    ついていくと、一面のキャベツ畑、一面の招き猫、一面のブタ農場などがあります。共食いになるせいか、豚は食べないよ!とんかつも食べないよ!と主張するブタヤマさん。

    最後、おいしいものはありませんよー、と移動する招き猫。

    結構一面の、、、、という絵は面白かったです。子供も笑って一緒にブキャ!と言っていました。

    掲載日:2015/06/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 表紙もgood

    • AAさん
    • 30代
    • ママ
    • 山口県
    • 女の子9歳、女の子6歳

    絵の面白さを追及する次女の趣味だと思って、キャベツくん人形欲しさに買いました。
    子供が小学生なのに今さらキャベツくんシリーズもどうなんだろう?と思ったんですが、これは予想を上回る面白さ!
    「いらっしゃい、いらっしゃい、おいしいものがありますよ。」
    って招き猫に誘われて、結局はないなんて・・・。
    なんなんだ、この話は!と大半の人は腹が立つと思いますが、思いながらも、この不思議なワールドに引き込まれてはまってしまいました。
    子供もわけが分からないけどなんだかおかしい、とうけています。
    本と一緒に
    「いらっしゃいいらっしゃい・・・・。」
    って言うのがいいみたいです。

    はっきり言って、話の展開も意味も不明なんですが、ずらーとならんだ招き猫の絵は圧巻です。
    ブタヤマさんは本当にいつも何かが食べたいけど食べることができないキャラなんだなということも分かってすっきりしました。
    ナンセンス好きな人にはオススメです。

    掲載日:2011/04/01

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「キャベツくんのにちようび」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / キャベツくん / キャベツくんとブタヤマさん / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / いないいないばあ / くだもの / はらぺこあおむし / おつきさまこんばんは

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



宮部みゆきさん × 佐竹美保さん 対談インタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット