雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
りひまるさん 40代・ママ

たくさんの人に
宮沢賢治さんの「雨ニモマケズ」こういっ…

どうぐのおばけ」 0歳のお子さんに読んだ みんなの声

どうぐのおばけ 作・絵:せな けいこ
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1993年
ISBN:9784494004362
評価スコア 4.14
評価ランキング 17,851
みんなの声 総数 28
  • この絵本のレビューを書く

0歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • りゅうがでてくるのが良い

    息子が龍に興味をもったので、
    龍がでてくるお話でそんなに長くない内容のものを
    探していたらこの本に出会いました。

    どうぐがぞろぞろ家から出て行ったかと
    思ったら空からりゅうがふってきて・・・・!

    突然の龍の登場に息子もビックリ。
    興奮気味に「りゅう!りゅう!」と指をさしていました。
    ところがこのりゅう、怖くないんですね。
    「すみません」と言って謝り、家を直してくれます。
    どうぐのお化けもいいお化けで意外な展開で
    最後まで怖くなくサクッと読めます。

    それにしても、最初に「むかしむかし・・」
    と始まる本は多いのに、
    このお話は最後に「むかしむかしのおはなしです」。
    ただこれだけなのに、明るく終わってしまうのが不思議です。

    掲載日:2011/12/09

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「どうぐのおばけ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / もこ もこもこ / きんぎょがにげた / いないいないばあ / しろくまちゃんのほっとけーき / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



自由研究にぴったり!夏休みのおたすけ絵本

みんなの声(28人)

絵本の評価(4.14)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット