うまれてきてくれてありがとう うまれてきてくれてありがとう
作: にしもとよう 絵: 黒井 健  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
プレゼントにも喜ばれています。いのちの大切さを伝える1冊

すってんてんぐ」 大人が読んだ みんなの声

すってんてんぐ 作・絵:木曽 秀夫
出版社:サンリード
本体価格:\1,200+税
発行日:1984年
ISBN:9784914985257
評価スコア 4.24
評価ランキング 16,762
みんなの声 総数 16
「すってんてんぐ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 町に降りてきて、職探し

    絵がとても剽軽な感じで、特にみんなの目が気になりました。
    誰もお供えをしなくなって、食べて行けなくなった天狗が
    町に降りてきて、職探し、次々と仕事を見つけては、頑張ってみる
    健気さがすごいですね。
    最後には、持って生まれた才能を使って良い仕事に就けて良かったです。楽しいお話でした。

    掲載日:2018/02/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 想像していたのと違って、残念。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子14歳、女の子9歳

    なんだかな〜。これ、子どもが読んで面白いと思うかな〜と、思ってしまいました。

    目線が「仕事をなくしたてんぐ」なんですよ。
    この本を読んだ子どもたちは、てんぐになったつもりで、いろんな職業を想像出来るのかしら?

    確かに、いろいろな仕事をするのに、長い鼻が邪魔になったって、
    オチは面白いけど、
    幼稚園や小学校低学年の子に「職探し」なんてピンと来ないだろうし、「職探しが大変だ」と、感じるのは、読んであげる親世代ですよね?
    最終的に「ひきゃく」になって、元気になった。っていうのも、
    それを赤いポストにかけているのも、どうかなぁ。

    題名を見たとき、その表紙から、もっと「てんぐ」ってものを楽しませてくれるお話かと思っていたので、こういう作りの内容なら、主役がてんぐじゃなくてもいい気がしました。
    もうちょっと違う切り口で、てんぐを魅せてほしかったです。

    掲載日:2010/01/12

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「すってんてんぐ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / もこ もこもこ / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / ねないこ だれだ / じゃあじゃあびりびり / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



医学博士/脳科学者・加藤俊徳さん インタビュー

みんなの声(16人)

絵本の評価(4.24)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット