あかちゃんの木 あかちゃんの木
作: ソフィー・ブラッコール 訳: やまぐち ふみお  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「あかちゃんは、どこから来るの?」 子どもの疑問に、しっかりと向き合います。あかちゃん誕生にまつわる絵本。

ねずみのでんしゃ」 1歳のお子さんに読んだ みんなの声

ねずみのでんしゃ 作:山下 明生
絵:いわむら かずお
出版社:ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!
本体価格:\800+税
発行日:1982年
ISBN:9784893251763
評価スコア 4.72
評価ランキング 1,022
みんなの声 総数 86
  • この絵本のレビューを書く

1歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • おかあさんの愛情

    ねずみのおかあさんの愛情から考えれたアイデアだと思いました。

    7つごちゃんのことが一番よくわかるおかあさんだからだと感心しまし

    た。それにしても電車ごっこでちゅう学校に行くアイデアが素晴しいで

    す。ずーとずーと電車に乗って毎日遊びながら楽しんでいけるのでよか

    ったです。へびに出会ってどうなるんだろう?・・・・・

    そんな時に仕掛け絵本の登場もよかったです。

    へびさんだけでなく、長い長い・・・・へびさんよりも10ばいも

    100ばいも長いねずみの電車にびっくりです!

    微笑ましくって嬉しくなる絵でした。やっぱりいわむらかずおさんの

    絵が楽しめて嬉しいです。

    掲載日:2009/04/15

    参考になりました
    感謝
    1
  • ちゅーちゅーごーごー

    現在2歳半ですが、一歳のときに購入しました。テンポの良い歌に合わせて、体を揺らし毎日にように読んでいました。本の内容がしっかり把握したのは2歳に、入ってからだったような気がします。2歳半の今では、感想までちゃんと言ってます。

    掲載日:2015/06/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 親子2代で読んでます。

    たまたま本屋で再会しました。自分が小さいときに読んでいた本なので表紙を見てすぐに思い出しました。大好きだった本なので自分の息子にかって帰りました。
    ねずみのおかあさんすばらしい発想です。
    電車大好きの息子も「ちゅーちゅーごーごー」といいながら読んでいます。あとは蛇が逃げていくところが好きみたいで「にょろにょろばいばーい」と言いながら読んでいます。息子も保育園に行っているので最後のページになるといつも「しぇんしぇい」と言って喜んでいます。
    いい本は何十年経っても読みつがれているものなんですね。

    掲載日:2008/09/15

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ねずみのでんしゃ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / ねないこ だれだ / はらぺこあおむし / おつきさまこんばんは / どうぞのいす / キャベツくん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『おふくさん』 服部美法さん インタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット