だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!

ねずみのでんしゃ」 3歳のお子さんに読んだ みんなの声

ねずみのでんしゃ 作:山下 明生
絵:いわむら かずお
出版社:ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!
本体価格:\800+税
発行日:1982年
ISBN:9784893251763
評価スコア 4.72
評価ランキング 1,011
みんなの声 総数 86
  • この絵本のレビューを書く

3歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

16件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 電車で行こう

    ちゅうがっこう(中学校ではありません、笑)に行きたくない子供たちのためにお母さんはある工夫をします。
    親目線で読むと、まず、子供を楽しませるために、素敵な思いつきをするお母さんねずみは素晴らしいです。見習わなくちゃと思います。
    そして、お母さんのアイディアで子供たちは大喜びで登園します。
    その道中のハプニングもとっても可愛らしいです。

    掲載日:2014/12/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 学校に行くのが楽しくなる!

    • kokeさん
    • 30代
    • ママ
    • 長野県
    • 男の子3歳、

    ちゅうがっこう(ねずみの保育園&幼稚園)に通いたくないという子どもたちにお母さんが考えだした秘策とは……?

    子どもがイヤーと言っていることでも、誘い方を変えたり、興味がありそうな言葉をかけると興味を持ち出して、自分から進んでやりだす事ってありますよね。
    そんな子どもの特性?を利用したねずみのお母さん。
    ガミガミ怒ってやらせるよりねずみのお母さんを見習いたいなー。

    図書館に置いてあった大型絵本を読んだときには、トンネル内でヘビと出会うシーンに子どもは大興奮。両側にページが開くから2倍の大きさになって迫力満点でした!

    掲載日:2012/06/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 入園前にぴったりの絵本

    • 魔王さん
    • 30代
    • ママ
    • 兵庫県

    我が家に新しく入ってきた絵本です。
    我が家の息子たちは3才ですがまだ幼稚園に入っていません。そして母子分離が程遠い息子たちでいつもわたしにべったりです。だからこの絵本に出てくる7つ子のネズミちゃんと一緒で今から幼稚園に通うのが嫌みたいです。だからこのネズミのお母さんの気持ちが良くわかります。
    そして我が家の息子たちは電車が大好きです。
    この絵本を読んでうちも幼稚園に通うようになったらネズミお母さんのように対策をねらないといけないと本気で思いました。

    こんな母の気持ちは露知らず、息子達は非常に面白かったみたいで2回連続で絵本を読みました。

    ちょうど入園前に読んであげたらぴったりの絵本ですね。

    掲載日:2012/03/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • ねずみシリーズにも仕掛け絵本があるとは

    他のねずみシリーズにハマった息子に読み聞かせました。

    男の子の大好きな「でんしゃ」が題名に入っていますが、電車は出てきません。
    入園のお話しですが、園での生活を描いているわけではありません。

    他のシリーズに比べて息子の食いつきは今ひとつ。
    息子はでんしゃごっこが好きなのではなく、電車というモノが好きだからかな?

    このシリーズには珍しく(?)途中で、仕掛けがあります。
    仕掛けと言うには地味ではありますが、やはり子供は楽しみなようで、
    うれしそうに自分でめくっています。

    いつもどおり、ほのぼのした素敵な絵本です。

    掲載日:2011/09/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • ねすみの子たちがでんしゃごっこ

    このシリーズは 本の読み聞かせ会でもよく登場して
    ママ的には良い絵本だと思うのですが うちの息子にはまだ早いのか
    どれもちゃんと読む前に ページをめくってしまいます

    ですが この絵本だけは 大好きなでんしゃがテーマなこともあって
    ねずみさんシリーズのなかで一番興味をもってくれました

    こねずみのために ママねずみが 毛糸で線路をつくる様子がお気に入りです

    掲載日:2011/08/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • やっぱりお気に入りになりました

    いわむらかずおさんの本は娘が大好きで
    よく読み聞かせるのですが この本もやはり
    気に入っています。

    ちゅーちゅーごーごーと電車ごっこを
    しているところが印象に残っているらしく
    一人で遊んでいる時に よく歌っています。

    またねずみのお母さんの考え方に共感しました。
    育児とは こんなアイディアをたえずもって
    子どもに接すればいいんだなーと。
    おかあさんのやさしさに考えさせられました。

    掲載日:2011/05/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • しゅっぱーつ!

    ねずみも幼稚園や保育園のようなところに通うそうですよ!
    そして、ねずみのお母さんも、私たちと同じ。どうすればこども達が喜んでちゅうがっこうに通ってくれるか悩んで考えて、素敵な策を思いつきます。

    とっても夢のあるお話なのですが、描かれている「すみれ」や「瓶のふた」が、現実の世界とつなげてくれて、なんだかこんな場所が本当にあるように感じてしまいます。

    私がこどもの頃大好きで、でもなかなか書店に置いてななかったんです。
    見つけた時には迷わず即買いしました。

    掲載日:2010/06/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • ナイスアイディア!

    「幼稚園なんか行きたくない!」という5つ子のねずみの為に、
    お母さんがねずみが考えたアイディアは“でんしゃごっこ”で
    幼稚園に連れて行くことでした。そして... という話です。

    絵を担当している「いわむらかずお」さんの14ひきのねずみシリーズ
    の続きでこちらを購入しましたが、当時3歳だった「でんしゃごっこ」
    好きな息子は、一気にはまりました。
    7匹のねずみシリーズで個人的には一番面白い本だと思います。

    内容も本当に楽しいですが、これまた、いわむらさんの絵が緻密(?)
    で、夜眠る時の様子のページが、実に面白いのです。

    幼稚園に通う年代の子の特徴を上手く捉えていて、
    パジャマのボタンの掛け間違いをしている子がいたり、
    2匹でどちらも自分のパジャマだと主張して取り合いをしているのに、
    1匹のねずみのベッドの下には、その子のパジャマが落ちている..とか、
    パジャマの上下を間違って着ようとしている子もいたり、
    既に完璧に終わって寝床に就いている子もいる...
    絵を見ているだけで本当に楽しいですよ!
    子供も、「あ、この子は...」って目を輝かせながら発見を楽しんでい
    ました。

    途中に、ちょっとした仕掛けもあって、本当に楽しめる本なので、
    他の方のレビューでどなたかもおっしゃっていましたが、
    未就園児にお薦めな絵本です。

    “邪悪”の出てこない良書です。
    増刷され、人気があるのが納得できる絵本です。

    掲載日:2010/02/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 準備おっけー!

    • そあれさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子3歳

    来春、入園予定の娘に読みました。

    「14ひき」シリーズが大好きな娘は、この七つ子ちゃんにも
    いちこちゃん・にーくん…などと自分で名前をつけて、洋服や持ち物の細かい所にまで興味深々で、食い入るように絵を観ています。

    この本を読んだ後に、帽子と斜め掛けのカバンを身につけ、七つ子ちゃんとともに幼稚園に行く気構えだけは準備万端な娘に、母はにんまりしてしまいました。

    ヘビとの遭遇にも、負けることのなかったねずみ達のように、
    これから迎える園生活を、知恵と工夫で、愉しく逞しく送って行きたいと切に思いました。

    掲載日:2009/09/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 息子のため?私のための絵本!

    前に買った「ねずみのいもほり」も大好きだし、入園準備にと思って買った絵本。私自身も、来るべき日に備えて…と思っていたのですが、まったく必要なし。嫌がりもせず幼稚園に行ってます。うれしい拍子抜けでした。
    でも工夫って必要ですよね。ガミガミ言いたくなるような、そんな時でもきっとねずみのお母さんはカドを立てることなく、うまく誘導していくんだろうなあ。短気な私もぜひこうありたい…って気付くと、子供のために買った絵本が、いつの間にか私のための絵本になってたみたいで、苦笑です。
    ちなみに個人的には「ちゅうがっこう」がツボでした!

    掲載日:2009/05/19

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ねずみのでんしゃ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / ねないこ だれだ / はらぺこあおむし / おつきさまこんばんは / どうぞのいす / キャベツくん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



体験型絵本シリーズ創刊! 「BigBook」シリーズ体験レポート

全ページためしよみ
年齢別絵本セット