ねこのたくはいびん ねこのたくはいびん ねこのたくはいびんの試し読みができます!
作: 奧野 涼子  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
宅配便って、どうやってとどくの?

ねずみのでんしゃ」 4歳のお子さんに読んだ みんなの声

ねずみのでんしゃ 作:山下 明生
絵:いわむら かずお
出版社:ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!
本体価格:\800+税
発行日:1982年
ISBN:9784893251763
評価スコア 4.73
評価ランキング 911
みんなの声 総数 87
  • この絵本のレビューを書く

4歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 電車ごっこ大好き♪

    息子が入園前にお気に入りだった絵本です。
    14ひきシリーズで有名ないわむらかずおさんですが、この絵本も可愛いねずみのきょうだいが登場します。

    いよいよ、ちゅうがっこう(ねずみの幼稚園ですって)が始まるというのに、子ども達は登校に乗り気ではありません。
    そこでお母さんがとった作戦とは・・・?

    電車ごっこ、子ども達は大好きですよね!
    ながーい線路状のものがあったら、わが子も間違いなく電車ごっこをはじめるはずです。
    こうやって登園するのも楽しそうですね。

    入園前後のお子さんにお勧めの絵本です。

    掲載日:2010/11/13

    参考になりました
    感謝
    1
  • 7つ子ねずみは明日からねずみのようちえん。
    でも、みんなそろって行きたがりません。
    お母さんは、夜のうちにようちえんまで2本の毛糸をひいておきます。
    朝、毛糸は線路のかわりになって、みんなででんしゃごっこをしながらようちえんまで出発です。
    途中でほかの子供達も、でんしゃの後ろにつながって
    とても長いちゅうちゅうでんしゃができました。
    ところがトンネルで蛇に鉢合わせして…

    ようちえん、行きたくない…と言っていた息子にぴったりだと思い購入しました。
    こんなでんしゃがあったら楽しいのに、とうらやましがりましたが
    ようちえんバスが新幹線なので
    ほら、ちゅうちゅうでんしゃより格好いいよ〜とのせたら
    その気になって通っています。

    とても可愛い絵で、内容もほのぼの楽しいです。
    幼稚園に通うお子さんにぴったりだと思います。
    息子には新幹線バスのほうが格好いいよ、と言いましたが
    ちょっぴりちゅうちゅうでんしゃをうらやましいと思っている母です。

    掲載日:2008/09/29

    参考になりました
    感謝
    1
  • お母さんのナイスアイデア

    4歳の長女に読んだ1冊です。いわむらかずおさんの絵で1番有名なのは、私の中で「14ひき」シリーズだったので、あまり期待せずに読んだのですが、とても良かったです。

    7つ子達がねずみのちゅうがっこう(中学校じゃないんです)に行きたがらず、そんな子供達にママがとった行動が書かれています。

    それがナイスアイデア。こんなママいいなあと思いました。きっと私なら怒って行かせることしか考えられない気がします・・・。楽しく行かせるママ、私が見習わないとダメです。長女はとても楽しんでいました。購入したい1冊です。

    掲載日:2012/03/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • でんしゃごっこ

    • きのぴいさん
    • 30代
    • ママ
    • 栃木県
    • 女の子4歳、男の子1歳

    いわむらかずおさんの絵本の中で、娘の一番のお気に入りです。

    保育園に行きたがらないときには、この絵本を読んで、電車ごっこをしながらしたくをさせます。
    すると、いつのまにかごきげんに。

    絵本の中のねずみのおかあさんのように知恵比べの毎日。

    ねずみのお母さんのように、怒ったりしかったりするのではなくて、アイディアで子供たちを気分良く過ごさせることができたらいいですよね。大人もなるほど!!と思う一冊でした。

    掲載日:2010/03/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • ねずみ・・・にはまりました

    チャイルドブックで購入しました。
    7つ子ねずみのお母さんの愛情たっぷりの絵本ですね。
    お母さんがちゅうがっこうまでの道のりに線路を敷いて電車でがっこうへ行くなんて夢がありますね。
    電車ごっこしながら幼稚園へ行けたら子供も楽しくて仕方ないと思いますが、周囲の目を考えるとできることではありませんね(笑)

    幼稚園児の娘に読む時は「ちゅうがっこう」でなく「ちゅうちゅう幼稚園」に変えて読んでいます。
    リズムをつけて「チューチューゴーゴー」のフレーズを読んでいたら、いつの間にかそのフレーズだけは読んでくれる様になったので今では、二人で声を合わせて面白おかしく読んでいます。

    掲載日:2008/09/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 電車!

    • 四パパさん
    • 30代
    • パパ
    • 大阪府
    • 女の子4歳、男の子2歳

    ねずみのお母さんのグッジョブが光るこの作品ですが、子供
    達が学校に行きたがらない理由がまず面白く「遠いから嫌」
    「知らない子がいるから嫌」に眠いやら風が冷たいやら言い
    たい放題で、きわめつけは「嫌だから嫌」とまさにお手上げ
    状態なんですが、そんな様子をみて苦笑いを浮かべて見て
    いる娘(これあかんのんちゃう?って感じです)と、口を
    開けたまま凝視していた息子(わっちゃーって感じです)
    の表情が面白かったです。
    最後クライマックスに絵本名そのもののシーンがあるんです
    が、これがまさに「ねずみの電車!」だと思わず笑顔がこぼ
    れる楽しいアイデアで、そら蛇も逃げるわとなりますよ。

    お気に入りの場面
    娘&息子:蛇とねずみ達が遭遇する見開きのしかけページ
    僕:「ねずみの電車」の楽しいアイデア

    掲載日:2008/08/21

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ねずみのでんしゃ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / ねないこ だれだ / はらぺこあおむし / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • おでんしゃ
    おでんしゃの試し読みができます!
    おでんしゃ
    作:塚本 やすし 出版社:集英社 集英社の特集ページがあります!
    教科書でもおなじみ、塚本やすし先生の楽しい読み聞かせ絵本。おでんしゃ出発しまーす。


コップのフチ子原案!これまでにない絵本ができました

全ページためしよみ
年齢別絵本セット