十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

だれとだれかとおもったら」 3歳のお子さんに読んだ みんなの声

だれとだれかとおもったら 作・絵:東君平
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\743+税
発行日:1990年
ISBN:9784834003413
評価スコア 4.12
評価ランキング 17,656
みんなの声 総数 16
「だれとだれかとおもったら」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

3歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 食べ物が変身!!

    • ☆だ〜なさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子8歳、男の子6歳

    リンゴやレモンなどの食べ物が2つに割れてしまうのですが、これがビックリの変身になります☆

    元の形を崩さずに別の動物を2つできる感じで、リンゴは『きつね』と『ぞう』になりました!

    子どもたちは、『え〜っ』『すごい』と反応していましたが、きつねがパッと見てきつねに見えなかったり・・・

    『やまあらし』・『ありくい』など、子どもたちにはほとんど馴染みのない動物が登場して、「ありくいって何!?」と聞く子ともいました。
    実際の動物の形がイメージできなかったのが少し残念だったように思います。

    掲載日:2015/03/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 新鮮!

    これ、ちょっと面白い絵本です。
    りんごが描かれていると思ったら、りんごが2つに割れて、他のものに変身。
    その流れが最後まで続きます。
    こちらが全く予想していないものに変身するので面白いです。
    子供も、「○○と○○になった!」と声をあげてビックリしています。
    少し図形のお勉強にもなるかなぁと思える内容です。

    掲載日:2015/02/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 盛り上がりました

    リンゴやレモンやバナナが二つに割れて、その割れ方がなにかの動物になっています。
    なにの動物になるのか、みんな興味津々で見ていました。
    動物は、結構抽象的なので、「ねずみさんとありくいさん」など、言われてみないとわからないものもありますが、それがまたおもしろく、クイズとして盛り上がりました。
    年少〜年長のお集まりの時間に読んだのですが、どの年齢でも楽しめていました。

    掲載日:2013/08/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • クイズごっこ

    パパに読んでもらって楽しかったようで、
    息子が私のところに持ってきてくれました。

    そして、「これなんでしょ〜か?」と問題を出してくるんです。
    「う〜ん」と考えながら、出した答えが間違っていると、
    「ブッブゥ〜」「○○でした〜」と楽しそうにページを
    めくっていきます。

    私も答えが分からないので、本気でクイズごっこができました。
    こうした遊び方もあるんだな〜と楽しかったです。

    掲載日:2013/03/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 予想外の分割

    読み聞かせに使えそうな参加型の絵本を探していて見つけた本です。
    空からりんごが落ちてきて、次のページで2つに割れ、「だれとだれかとおもったら」となってきつねとぞうさんの形の切り絵が現れるというしかけ。次々とレモンやバナナなどが降ってきて、それぞれ2つの動物の形に割れます。
    予想外の分割に大人もビックリで楽しめます。ただ、ちょっと小さい子には分かりにくい動物(やまあらしやありくい)があり、「え、しらない」と3歳の息子はしょんぼりしていました。

    掲載日:2012/11/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 3歳の息子に

    • ぴいママさん
    • 20代
    • ママ
    • 新潟県
    • 男の子3歳、男の子0歳

    空から降ってきたりんご。食べようと思ったら二つに割れて、ぞうさんときつねさんに。お次のレモンはかばさんとわにさんに・・・と、どれも想像出来ない物になるので面白く、想像力が豊かになりそうです。二つに割れて描かれている動物ですが、無理があるようでそれぞれの特徴を掴んであり、3歳の息子も何の動物か当てられるので、親子揃って楽しめました。
    内容的には「かくかくしかく」「さんさんさんかく」に似ていました。

    掲載日:2011/05/06

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「だれとだれかとおもったら」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / おつきさまこんばんは / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

みんなの声(16人)

絵本の評価(4.12)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット