十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

おばけのひっこし」 大人が読んだ みんなの声

おばけのひっこし 作:さがら あつこ
絵:沼野 正子
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,100+税
発行日:1989年6月30日
ISBN:9784834008784
評価スコア 4.38
評価ランキング 9,747
みんなの声 総数 28
「おばけのひっこし」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • おとどとおばけ

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子18歳、男の子16歳

    「今は昔」の頃の、京の都のおとど(貴族の男の人?)のおはなし。
    おとどは子沢山で、家が狭くなったので広い屋敷を探していたのです。
    ようやく見つけた屋敷は、お化けが出るという噂ですが、
    試しに泊まってみた時のエピソードです。
    天井裏の仕切り役のおきなを中心に、お化けたちが次々とおとどを脅かすのですが、
    ことごとく失敗、ついには、お化けたちが引っ越す羽目になるのです。
    多少おどろおどろしいお化けたちですが、どことなくユーモラスで、
    子どもたちにも程よく怖いテイストだと思います。
    べんべろべえ、くびひょろりん、めらめらぼう、などなど、実に見事なネーミングです。
    平安時代風の、のどかな時代設定とマッチしています。
    おばけにひるまず、楽しんでほしいと思います。

    掲載日:2012/03/29

    参考になりました
    感謝
    1
  • 時代背景を考えすぎてしまいました。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子20歳、女の子15歳

    時代は平安くらいでしょうか?
    昔の人は≪火事≫を恐れ、≪物の怪の類≫の類はタブーとして畏れる時代(?)のはず。と、思ってしまったらあちこち気になってしまいました。
    沼野さんの絵は一つ一つ面白いのですが、ストーリーのテンポはややスローです。
    もう少し言葉少なに、展開を楽しめたらよかったです。

    掲載日:2015/09/01

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「おばけのひっこし」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / ぐりとぐら / はじめてのおつかい / おおきなかぶ / おつきさまこんばんは / からすのパンやさん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



子育ての大きな悩み「寝かしつけ」に役立つシリーズ!

みんなの声(28人)

絵本の評価(4.38)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット