だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!

ぼく、ムシになっちゃった」 12歳〜のお子さんに読んだ みんなの声

ぼく、ムシになっちゃった 作:ローレンス・デイヴィッド
絵:デルフィーン・デュラーンド
訳:青山 南
出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2002年
ISBN:9784338126205
評価スコア 4.25
評価ランキング 13,920
みんなの声 総数 23
「ぼく、ムシになっちゃった」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

12歳〜のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 虫に見えること

    ある朝目覚めるとグレゴリー・サンプソンは大きな虫になっていた。
    カフカの「変身」の重さはないにしても、考えさせられる絵本です。
    虫になったことを気づかない(認めない?)グレゴリーの家族。
    自分が虫であることを気づくのは親友のマイケル一人です。
    学校でも、自分が虫になってしまったことを訴えても、誰も認めてくれません。それどころか相手にされなかったり、怒られたり。

    この本は絵本だから、自分たちは虫になったグレゴリーを目にしていますが、実は虫に見えていないのかもしれない。グレゴリーは虫ではないかも知れない。
    これはとても含みのある話です。
    人の目にはわからない自分を認めてもらうこと。これは大変な事です。

    家に帰って、やっと家族は自分が虫であることを認めてくれました。
    ここで、僕は思うのです。
    やっぱり、家族の目にはグレゴリーは人間にしか見えていないのではないかな。
    子どもの心を認めたということではないかな。

    この絵本を人間のアイデンティティの認知と読むと、最後にグレゴリーが人間に戻ることで話はややこしくなってしまいます。

    作者が何を言いたかったのか、読者に任されてしまうからです。

    絵も文章も軽い絵本ですが、息子には難しかったようです。
    私も悩んでしまいました。

    掲載日:2009/08/21

    参考になりました
    感謝
    1
  • 思春期の子供たちに・・

    ある日、朝起きたら虫になってしまった男の子。
    でも家族はみんな、虫には見えてないみたいで
    虫になったと自覚している自分を「虫になっちゃった」と認め(?)てくれるのは
    親友ただ一人。

    なんか、思春期の複雑な心の動きを
    同じ時期の子供だけが、同調できるのだ・・というように
    裏読みしてしまいました。

    けっこう文字がたっぷりで
    読み込むのは時間がかかりますし
    裏メッセージもいっぱいありそうで
    いろいろ考えさせられます。

    何度か読み返してみたいと思います。

    掲載日:2016/12/04

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ぼく、ムシになっちゃった」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / いないいないばあ / はじめてのおつかい / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。
  • うきわねこ
    うきわねこの試し読みができます!
    うきわねこ
    作:蜂飼 耳 絵:牧野 千穂 出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
    MOE絵本屋さん大賞第2位!満月の夜の、ふしぎなおはなし。
  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


ねえ、「コワイ」って、もってる?

みんなの声(23人)

絵本の評価(4.25)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット