庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

もりのなか」 3歳のお子さんに読んだ みんなの声

もりのなか 作・絵:マリー・ホール・エッツ
訳:まさき るりこ
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1963年12月20日
ISBN:9784834000160
評価スコア 4.59
評価ランキング 3,668
みんなの声 総数 194
「もりのなか」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

3歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

25件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • 自分に向けて。

    この絵本、最初の印象は
    「のんびり進む感じで、なんかイライラする〜」だった。
    だから、あんまり読み聞かせしてなかった。

    3回目に読んだとき、気づいた。

    主人公が動物たちへ接するときに
    急がせたり、強制したりしない。
    そして、必ず待ってあげる。
    動物たちが何をしているか、よく観察している。
    あ〜・・・これは親と子の関係なのかな?と思った。

    ついつい親は、先に進みたいと思ってしまうけど
    もっと、のんびり、ゆっくり子どもたちの時間に
    寄り添いながら見守ろうよ。

    そんなメッセージなのかな?

    主人公のパパのように、いつでも
    子どもの声に耳を傾け寄り添える、そんな大人で居たいと
    再認識させてくれた絵本です。

    息子は1ページごとに現れる動物たちの様子を
    見つめながら自分なりの解釈をして楽しんでいます。
    お気に入りの1冊です。

    掲載日:2010/06/27

    参考になりました
    感謝
    2
  • 山陽さんおすすめだったので

    以前新聞で、神田山陽さんがこの本オススメ!と強力プッシュだったので、一度読んでみたくて、図書館で借りました。
    最初は
    「あれ〜…絵本、カラーじゃないんだ…」
    と正直がっかりしたのですが。

    森の中で、少年が動物たちにであって…。
    少年の夢だったのかまことなのか、何とも不思議な世界がこのモノトーンの中で無限に広がるのです!不思議な事に。
    これが、詳細まで分かるカラーだったら、読み手もそこまで想像できないのかも。
    ちょっとレトロな感じの絵で、ほんとに
    「これぞ絵本だ!」
    と言う王道の絵本。

    息子も何度も読んでとせがんできました。

    掲載日:2009/05/07

    参考になりました
    感謝
    1
  • 地味ではありますが・・・

    • じっこさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子5歳

    モノクロで表紙も中身も地味、内容だって派手ではない。有名な絵本だけど、本当に子どもが受け入れるのかな、わかるのかな・・・と思いながら読みました。結果、おもしろがっていました。良作の力はすごいですね。私も好きな本です。この本が家にあるとなんだか「通」っぽい気がします。

    掲載日:2016/08/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 渋い絵本

    白黒で描かれた絵が、渋い雰囲気の絵本です。

    カラフルな絵本に慣れている娘なので、
    どうかな?と思ったのですが、
    次々出てくる動物たちに、大喜び。
    細かく描いてある動物の絵が、
    とてもきれいです。
    「少しもじゃまになりませんよ」などの、
    礼儀正しいセリフが、おもしろいようで、
    繰り返し、まねしていました。

    最後に出てくる主人公のお父さんの
    セリフがとても良いと思いました。
    子どもの空想の世界を否定せず、
    上手に気持ちを切り替えさせているな〜、と感心。

    こういうふうに、子どもと関わってあげられれば、
    と思いました。
    なかなか難しいですが(笑)。

    掲載日:2015/08/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 暗記するほどお気に入り

    息子が大好きな絵本です
    モノクロの絵本は、はじめてだったので、最初はちょっと衝撃だったようです。
    カラーの絵本より「これがなになのか」を認識するのに時間がかかるのか
    ものすごい集中力でじーーーーっと絵を眺めていました。
    また細かく描かれているので、見るたびに新しい発見があるようです。
    親もびっくりするくらいお気に入りの一冊となりました。
    最後におとうさんが登場するせいか、主人に読み聞かせをねだることがおおいです。
    絵本は基本的に私が選ぶのですが、主人的に??なセレクトもあるようですが、この絵本はとても気に入ったようで、「俺も好き。俺ら気があうな!」と息子とふたりで仲良く読んでいる姿が微笑ましいです。
    大人になっても大切にとっておいてあげたいなと思える一冊です。

    掲載日:2015/06/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 白黒だけど活き活きと描かれている絵本

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子8歳、女の子3歳

    3歳の娘と読みました。

    主人公の「ぼく」と、いろんな動物たちが、
    森の中で出会って一緒に散歩をします。

    絵は全部白黒なのですが、
    緑の木々や、動物たちの色、ぼくのかぶる帽子とラッパの色が、
    目の前に浮かぶように想像できます。
    白と黒だけの世界なのに、頭の中にはとってもカラフルに入ってくる、
    なんとも不思議な絵本。
    ひとつひとつが、とっても丁寧に、活き活きと描かれているからかな?
    3歳の娘の頭の中でも、きっとこのストーリーは、
    カラーで展開されていたに違いありません。

    動物はそれぞれ特色があるのですが、
    何もしゃべらないうさぎのときに、娘が一言。
    「なんで、だまってるのかな?なにか、しゃべればいいのに。」

    大人にはあるいは単調に感じられる絵本なのですが、
    娘は本当に物語の中に入り込んでいるようで、
    登場してくるひとつひとつの動物について、
    娘なりの感想を抱いていたようです。
    大人と子供の感じ方の違いを、
    改めて気付かされた一冊でした。

    掲載日:2014/10/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 不可思議な味のある絵本

    • キースパパさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子3歳、女の子0歳

    白黒で、派手さがなく本当に素朴な印象の絵本です。
    しかし、どことなく不可思議な魅力があって、子供の心を引き付けるようです。
    3歳児には受けないのでは?と思った、自分の思い込みを、いい意味で裏切ってくれました。
    夢の中を見ているようなファンタジー、最後に出てくる父親の姿で現実に戻されるような、それもまだ夢の中のような。。。不思議な感覚の絵本です。

    掲載日:2013/10/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • モノクロの絵の中に

    3歳4ヶ月の息子と一緒に読みました。
    白黒の絵本ですが、そんなこと全く気になりません。
    男の子が森の中で象、ライオン・・・と色々な動物達に
    出会って行列になって散歩をします。
    白黒なので、森の薄暗い雰囲気がとてもよく伝わってきました。
    でも、寂しい感じや暗い感じはしません。
    森の中でこんな動物達に出会ったら楽しいだろうな〜と子供心を思い出しました。
    最後はお父さんが僕を探しにやってきて、動物達は。。。
    ぜひぜひ、手にとって読んで欲しい絵本です。

    掲載日:2013/03/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 賑やかだけど静か

    • ちんいえさん
    • 40代
    • ママ
    • 千葉県
    • 男の子3歳、

    【もりのなか】

    最近、退屈になるとYouTubeを観る。
    前は毎晩2〜3冊絵本を読んでから寝てたのに…

    きのうも、ベッドには絵本じゃなくてiPodを持参。
    二人で並んで仰向けになり、YouTubeを観てる隣で『もりのなか』を読み始めると…

    森を散歩している男の子がいろんな動物と友達になって、一緒に歩いていくお話。
    たくさん動物たちが出てくるから賑やかな筈なんだけど、何故か静けさを感じる。
    まるで、夢の中での出来事のような…

    読み進めていくうちに、いつの間にか私たちも一緒に「もりのなか」へ。
    繰り返し出てくるフレーズ…
    私が「ぼくのさんぽに」と読むと、小さな声で「ついてきました」と言うのがとっても可愛くていとおしい。

    掲載日:2012/05/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 親も子も・・・

    いろんなところで「おすすめ」されていたので、図書館で借りて読みました。

    親の第一印象は「地味だし、よくわからない展開だなぁ〜」って感じ。
    親がイマイチでも、息子が気に入ることもあるので
    読み聞かせてみましたが、息子もイマイチ。
    悔しくて、1ヵ月後くらいに再チャレンジするも、やはり反応薄。

    全体に漂うぼんやりした感じが、余韻や無限の空想につながるのかしら?

    私たち親子には響いてこなかった、感じ取れなかった。
    名作と言われていても、相性ってあるんだな、と思いました。

    掲載日:2011/10/11

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「もりのなか」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / 14ひきのあさごはん / チリとチリリ / おふろだいすき / なにをたべてきたの? / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



第12回 『あったかいな』の片山健さん

全ページためしよみ
年齢別絵本セット