大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!

ペンキや」 大人が読んだ みんなの声

ペンキや 作:梨木 香歩
絵:出久根 育
出版社:理論社 理論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:2002年
ISBN:9784652040225
評価スコア 4.5
評価ランキング 5,562
みんなの声 総数 9
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ユトリロの白

    淡々としたお話だけど、とても深みのあるお話です。
    人の心を色にする、その人に合った色を作る。
    ペンキやにとって、色って微妙に違っていること、その色を作ることがとても大変でもあり、やりがいのあることなのです。
    芸術家ではなくて職人。
    ペンキやの一生と、ペンキやの魂が凝縮されています。
    そして、何よりスゴイのは絵。
    この話の命は色の微妙な表現です。
    ここで絵を描くことは、自分を試されることかも知れません。
    ユトリロの白、元気の出るレモンイエロー、思い出が滲むような水色…。
    絵を描いた出久根さんは、主人公のしんやになりきって描いたのでしょうか?
    この絵本が私の気持ちを吸い取ってくれるよう。
    心がしんとおさまっていきます。

    掲載日:2009/07/26

    参考になりました
    感謝
    1
  • 不世出のペンキや

    • こりえ♪さん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子2歳

    今までペンキ屋さんと接することもなかったのですが、この絵本を読んで思ったのは、ただペンキを塗るだけの仕事ではないのかも・・・ということでした。

    同じくペンキ屋だった父。
    その父と運命までも不思議と繰り返されていく展開に、引き込まれていきました。

    言われたことをそのままやって怒られていた時。
    言われたことと違うことをやって喜ばれた時。
    その違いはどこにあったのでしょうか。

    大切なのは相手の心を読むこと。
    その不思議な力が、彼を不世出のペンキ屋にしたのだと思いました。

    掲載日:2009/06/10

    参考になりました
    感謝
    1
  • ユトリロの白

    出久根さんの絵の雰囲気が「絵」というより「ペンキ」といった
    感じで、ぴったりでした。そうして梨木さんの紡ぐ物語も、異国情緒が
    漂っていて、大人っぽくて・・物語の長さでいったら子どもでも読むこと
    ができそうですが、大人向けなのかなあと思いました。
    公園のベンチとか滑り台など、ペンキで塗られたものに、これからは
    つい目がいってしまいそうです。
    それから、ユトリロの白!全く絵の知識がないので、そういう表現が
    あることさえ知らなかったのですが、ぜひみてみたいです。

    掲載日:2011/11/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 誠実に、成し遂げるということ。

    • ちゅら。さん
    • 40代
    • ママ
    • 千葉県
    • 男の子12歳

    特別大きな事を成し遂げたわけでもない、
    ペンキやさんのお話しです。
    自分のすべきこと、できることを、ただただ・・誠実に。

    しかし、彼の父親は「ふせいしゅつ」のペンキやでした。
    そして彼もまた「ふせいしゅつ」のペンキやなのです。

    梨木香歩さんは、不世出の作家だと思います。
    出久根育さんの絵も、素晴らしい。

    掲載日:2009/04/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 私にはどんな色が・・・

    静かな時間が流る、印象的な挿絵の色彩と
    不思議な感じを受ける静けさが、絶妙にマッチした一冊です。
    年を追うごとに味わう切なさ、喜びや悲しみ。
    いろんな思いを持って、人はそれぞれの色を重ねていくのでしょう。
    全体の描写はとても淡々としているけれど、
    人生によく似ていて、ついつい引き込まれてしまうのです
    不思議な感じを受けました。

    このお話しの中では「ユトリロの白」で人生の様々な色を
    表してますが、いまの私はどんな色をしてるのだろう?
    更に、5年後・10年後と時を重ねると
    私はどんな色をしてるのだろう?と、その時その時で
    しんやに描いて欲しいな。とも思いました。
    人生の深いところに入り込むお話しで、
    人生一つの職を全うするすごさも感じました。

    掲載日:2008/10/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 凄腕のプロフェッショナル

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子12歳、女の子8歳

    どちらかというと大人向けの絵本のような気がします。

    最近の(と言ってしまう時点でおばさん化している自分が悲しいですが)学生さんを見ていると、自分の子どもも含めて、やればできることに全力でつくそうとしないんですよね〜。
    なぜでしょう?力いっぱいやり遂げた爽快感は何とも言えないのに、決められた最低ラインをクリアーするだけでいい。それ以上熱くなるのはごめん。って、感じの子が多くなってきたなぁ。と感じる今日この頃。
    もう少し自分の好きなことや、しなければならない事に向かって、全力で頑張ってみてよ。というエールを込めて、出来たら学生さんたち(特に中高生)に読んでもらいたいです。

    この本を手にしたのは、最近お気に入りの出久根育さんがイラストを描いていたから。タッチとか、色合いとか、絵本の雰囲気をより広げてくれる絵描きさんだと思います。

    「ペンキや」という職業が、果たしてどれだけプロふぇっしゃなるになれる仕事かどうかは、よく分かりませんが、主人公のしんやとしんやのお父さんが、凄腕の持ち主であったということはよく伝わってきました。
    哀愁があって、ゆっくりかみしめて読みたい1冊です。

    掲載日:2008/07/16

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ペンキや」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / おつきさまこんばんは / じゃあじゃあびりびり / おかえし / うみへいくピン・ポン・バス / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『ことわざ生活 あっち篇 こっち篇』<br>ヨシタケシンスケさんインタビュー

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.5)

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 0
  • 3歳 0
  • 4歳 0
  • 5歳 0
  • 6歳 1
  • 7歳 0
  • 8歳 0
  • 9歳 0
  • 10歳 0
  • 11歳 0
  • 12歳〜 0
  • 大人 6

全ページためしよみ
年齢別絵本セット