うさぎマンション うさぎマンション うさぎマンションの試し読みができます!
作: のはな はるか  出版社: くもん出版
うさぎマンションには、 画家、パン屋、音楽家、魔法使い… いろんなうさぎが住んでいます。1部屋ごとに進行する物語を 見つけて、楽しむ絵本。

エンソくん きしゃにのる」 2歳のお子さんに読んだ みんなの声

エンソくん きしゃにのる 作・絵:スズキ コージ
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:1990年9月15日
ISBN:9784834010459
評価スコア 4.4
評価ランキング 8,570
みんなの声 総数 66
  • この絵本のレビューを書く

2歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • なんだか魅せられる絵本です

    2歳の息子がお気に入りの絵本ベスト3に入ると思います。

    スズキコージさんの不思議な絵にまず魅せられ
    中を開いて更に不思議な世界に引きずり込まれました

    エンソ君は初めてひとりで汽車に乗り
    いなかのおじいさんのところへ遊びに行くのです
    1人で切符を買って、1人で汽車に乗り込んで、
    他の乗客とも話をし、なんと立派な一人旅でしょう!
    でも、ちょっと不思議な乗客達、不思議な世界です
    そしてそれが魅惑的!

    どのページを見ても、絵の隅々まで楽しめます
    子供には色々な絵や文章に触れさせたいと思いますが
    スズキコージさんの絵は、とても素晴らしいと思います

    いつかひつじの形のコロッケを作ってみたいと
    ひそかに思っています

    掲載日:2009/08/26

    参考になりました
    感謝
    1
  • 独特の世界観

    息子はスズキコージさんの絵が好きです。
    私だったら絵が好みではないのでまず手に取らないのですが、息子と読むうちに、面白さが段々とわかってきたように感じます。この方の作品の独特の世界観は凄いと思います。
    ストーリーと関係ない部分にも息子は目がいくようで、絵全体を見て楽しんでいます。

    掲載日:2014/12/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 魅せられる

    • ユーベルさん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 男の子7歳、女の子2歳

    この絵本でスズキコージさんを知り、一発でファンになりました。

    なんでしょう、この突拍子もない展開。
    愛くるしくも奇妙な登場人物たち。
    そして何よりスズキコージさんの描く絵が本当にステキです!

    羊のコロッケ弁当も衝撃的ですが、
    個人的には車両いっぱいの自由奔放な羊たちがツボ。

    読むほどに魅せられる絵本です。

    掲載日:2014/01/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 独特の世界観

    2歳の息子はかなりはまっているようで
    今回は図書館で借りましたが
    購入しようかと思うほどです。

    とにかくススギさんの絵本は2冊目ですが
    とても惹き付けられます。
    独特なので一度みたら忘れられないです。
    それがまた子供にはいいようです。

    一人旅の途中でいろんな事や
    たくさんの人に出会い
    成長していく姿がほほえましいです。

    掲載日:2014/01/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • スズキ コージさんはまりそうです

    この本「こんにちは おてがみです」のお手紙の中にエンソくんからのお手紙があり、エンソくんって誰?と思い図書館で借りてきました。
    冒頭から引き込まれますね。スズキ コージワールドです!!!お弁当の場面では、ちょっと・・・って思いましたが、読み終わっても息子から何回もリクエスト。図書館に帰す時もえ〜!!って感じだったので、すぐに購入しました。スズキさんの他の本も読んでみたいと思います。

    掲載日:2012/03/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 一番の謎は一本角

    息子が図書館で自分で選んで持ってきました。一見して私はまったく乗り気ではなかったのですが、汽車だから読みたいのかな?くらいに思って借りました。

    エンソくんがひとりで旅に出るのがいいのか、汽車の中の出来事が楽しいのか、よく分かりませんが、息子はとても気に入っているようです。あるいは、息子は羊も好きなので、それに惹かれているのかもしれません。「羊はとうもろこしを食べるんだよね?」と言います(いや、この絵本ではとうもろこしを食べるのはエンソくんだよ!と訂正していますが。)日本ではないどこかのようですが、私が感じたのは南米の山(?)でした。最後におじいさんが、よくわからない動物に跨がって迎えにくるところがいいです。一本角のようですが、何でしょう。

    借りた日に立て続けに6回読まされました。ちょっとどぎつい絵ですが、息子は一生懸命にエンソくんや向かいに座るおばさんを探し当てています。読んでいるうちに、絵が私にも普通に思えてきました。

    掲載日:2011/03/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵がちょっとグロテスク

    2歳10ヶ月の息子に読んでやりました。汽車が大好きなので読んでやりましたが、ストーリーはシンプルですが、絵が特徴があるというか、グロテスクというか、あまり親しみが感じられる絵ではないため、印象がイマイチでした。

    エンソくんがひとりで汽車にのっておじいちゃんのところにいくお話です。とてもシンプルなストーリー展開なのですが、それを形づける絵が濃いというか、グロテスクというか、あまり好きなタイプの絵ではありません。息子が泣くことはありませんでしたが、配色といい書き方といい、泣く子がいておかしくないかも。

    この絵が足をひっぱっているので、特段おすすめに値しない本でしたね。

    掲載日:2010/07/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 不気味だけど・・・!

    2歳半のころ、息子はこの本にであいました。
    それからずっと夢中の一冊。
    私だったら、絶対買わなかった・・・
    出会えなかった!

    濃い〜絵、
    エンソくん?ほげたまち?ほいざ?とは?

    内容は、
    男の子が一人でおじいちゃんのところにいくという話で、
    その途中の駅員さんとのやりとり、
    おばさんとのやりとりなどなど、
    ストーリーはいたってシンプル。

    電車で羊が仲良く座り、
    いっせいにえさを食べる?
    いっせいに眠る?
    糞しないのかな?
    羊たちは山で何をするのだろう?

    すごく知りたくなる絵本です。

    掲載日:2009/05/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 不思議な世界に連れていってくれる

    前住んでいた町の図書館はスズキコージさんの出身地ということもあり、壁画がスズキコージさんの絵だったんです!
    何とも不思議な魅力の絵で私は好きなのですが、息子は怖がりやしないか・・・?と内心思いながら、借りてきて読んでみました。(旦那さんにはこの絵は怖いよって言われましたので)
    息子は何の先入観もなく、物語に入り込みました。二人で一緒に電車に乗って旅に出かける感覚がします。途中で出会う人たちや風景はどこか、なにか違ってるんです。ここはどこの国?これはいつの時代?っとほんとに不思議な世界に連れて行ってくれますよ。
    それにしても、途中で出会う「おばさん」は何度見ても、私には「おじさん」に見えてしまいます。(笑)

    掲載日:2008/03/03

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「エンソくん きしゃにのる」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

がたん ごとん がたん ごとん / くっついた / パパ、お月さまとって! / 100万回生きたねこ / いいこってどんなこ? / ぼくのかえりみち / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



宮部みゆきさん × 佐竹美保さん 対談インタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット