雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
なみ@えほんさん 50代・その他の方

詩と絵の すてきなハーモニー
 よく知られている詩ですが、大きな字で…

んんんんん」 大人が読んだ みんなの声

んんんんん 作・絵:五味 太郎
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1995年04月
ISBN:9784032047905
評価スコア 4.39
評価ランキング 9,489
みんなの声 総数 27
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ●ん●ん●ん

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子17歳、男の子14歳

    今回のお題?は「ん」なのですが、
    なんと、「●ん●ん●ん」なんて表記が出現します。
    黒いぶちの白犬がお散歩、不思議な丸いものに遭遇する、というストーリーです。
    犬だから、「わんわんわん」?
    でも、「るんるんるん」や鼻歌風に「ふんふんふん」「あんあんあん」もいいですね。
    ムキになって考えてしまいます。
    で、途中でトンだハプニングになってしまいます。
    その驚きの表現も、もちろん「ん」。
    実にしっくりきますね。
    ラストにかけては哀愁が漂います。
    さあ、どんな字を当てはめましょうか。
    この行動には大いに共感してしまいます。
    「ん」も味わい深い表現だなあ、としみじみ感じました。
    登場する黒い鳥との関係も類推しなければ面白さはわかりにくいので、
    やはり、幼稚園児以上くらいからでしょうか。
    それにしても、●はどう読んだらいいのでしょうか?
    実はこのシリーズ、所属する読み語りグループの12月公開研究会の研究テーマ。
    どんな解釈が飛び出すのか、楽しみです。

    掲載日:2010/11/09

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「んんんんん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / ねないこ だれだ / くだもの / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



イギリス発・なかよし兄妹の絵本シリーズ

みんなの声(27人)

絵本の評価(4.39)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット