だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!

Goodnight Moon(おやすみなさいおつきさま)」 2歳のお子さんに読んだ みんなの声

Goodnight Moon(おやすみなさいおつきさま) 作:マーガレット・ワイズ・ブラウン
絵:クレメント・ハード
出版社:HarperCollins Publishers
本体価格:\0+税
発行日:1991年04月
ISBN:9780060207052
評価スコア 4.78
評価ランキング 447
みんなの声 総数 31
「Goodnight Moon(おやすみなさいおつきさま)」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

2歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 日本語版も英語版も素敵

    日本語版の「おやすみなさいおつきさま」を気に入っていた娘。
    英語版の韻を踏んでいる文も読んでみたくなり、CDつきの英語版を購入しました。
    私は英語が話せるわけではないですが、英語で読んであげました。
    娘は英語でも「おもしろかったー」と言っていました。

    英語と日本語と、やはり雰囲気が違いますね。
    英語版の「hush」が、日本語版だと「しずかにおし」となっていますが、私はこの古風な日本語訳も好きです。

    韻は踏んでいないけれど、日本語版は日本語版で素晴らしいです。
    そして、韻を踏んでいる英語版もやっぱりおもしろくて素晴らしいです。
    読み比べて両方味わってみると、より一層楽しめる絵本だと思います。

    掲載日:2011/07/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 英語だなあ

    2歳の娘が通っている英会話のお教室の先生からお借りしてきました。
    うーん。やっぱり英語だなあ。いや、英語だというのを知っていて
    借りてきたのだから当たり前なのですけど、文章のリズムが英語。
    歌でも文章でも英語は韻を踏むのが大好きですよね。
    日本語に訳す時もできるだけリズムを大切にして訳したいところだろ
    うけど、小さい子向けの絵本は元々が短い単語で書かれているから
    それを日本語でも韻を踏んだりって言うのはきっと難しいだろうなあ。

    娘はひとりでも英語で読んでいましたが
    「GOODNIHGT MOON GOODNIHGT MOON」そればっかりでした(笑)。
    違う言葉も書かれているのにね。

    掲載日:2010/03/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 迷ったけれど?!

    購入の時に、日本語にするか?英語か?迷いました。

    学校で教わった英語のレベルしかない私にとって心配でしたが

    簡単な短い文章「Goodnight Moon」の繰り返しで

    心地の良いリズムらしく、1歳半頃からの寝る時の

    子守唄でした。

    最近になって、日本語のものを購入しました。

    日本語のストーリーは娘が暗記してしまうほど単純

    で素敵なお話です。

    掲載日:2009/04/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • なるほど〜

    アメリカに旅行に行った友達からお土産でもらいました。
    日本語では持っていましたが、原書をみると言葉一つ一つが韻を踏んでいるのですね。

    日本語訳にされている絵本もすばらしいものが多いですが
    この本のように訳されると原書の面白さが伝わりにくいものもあるのですね。

    日本では絶版となっているので、貴重なものを頂いたな〜。

    掲載日:2008/05/15

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「Goodnight Moon(おやすみなさいおつきさま)」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / じゃあじゃあびりびり / くだもの / おつきさまこんばんは / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / からすのパンやさん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。
  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


『いのちのはな』のぶみさん、窪田等さんインタビュー

みんなの声(31人)

絵本の評価(4.78)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット