ねぼすけ ふくろうちゃん ねぼすけ ふくろうちゃん
作: マーカス・フィスター 訳: 林 木林  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
祝「にじいろのさかな」25周年 マーカス・フィスターのデビュー作!

しばてん」 大人が読んだ みんなの声

しばてん 作・絵:田島 征三
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1971年04月
ISBN:9784032040500
評価スコア 4.67
評価ランキング 1,855
みんなの声 総数 14
「しばてん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • こんなことして…

    読み終わって、心に残るのは、脱力感。
    なんだかとても切ないお話でした。
    すもうで打得意なしばてんに投げられた人間は、腰を痛めてしまってしばらく畑仕事ができない。そんなしばてんをみんなでやっつけて追い出したあとに、赤ん坊の太郎が現れた。。生まれ変わりなのか?はっきりしないうちに悲しい出来事が起こる。人間たちのとった行動は、余りにも身勝手すぎる。悲しみと憤りが湧き上がってきた。作者の独創的でダイナミックな絵が、その気持ちを倍増させてくれた。
    子どもたちの心には、すぐには響かない内容かもしれないが、どこか心の片隅に残っていて欲しいと思った。

    掲載日:2014/04/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 胸が痛みます

    • こりえ♪さん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子2歳

    自分たちのことしか考えない村の人々に、私たち人間の身勝手さを見たようで、胸が痛みました。

    都合のいいときだけもてはやし、都合が悪くなれば放り出す。
    このお話を読み、村の人々に憤りを覚える人が多いと思います。
    でも、似たようなことを私たちは悪意すら感じず、無意識のうちにやっていることもあるのかと思いました。

    自分たちがよければいい。
    そう思う人の影で、悲しんだり苦しんだり、辛い思いをしている人や生き物がいるんですよね。

    掲載日:2009/07/01

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「しばてん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

てぶくろ / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / ぐりとぐら / はじめてのおつかい / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



いのちはどこへ行く?チェコの美しい風景を旅する葉っぱの物語

みんなの声(14人)

絵本の評価(4.67)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット