たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ
 出版社: サンリオ サンリオの特集ページがあります!
メモ&付箋96枚いり!おてがみがもっとたのしくなる折りてがみアイデアがいっぱい♪

あしたもともだち」 4歳のお子さんに読んだ みんなの声

あしたもともだち 作:内田 麟太郎
絵:降矢 なな
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:2000年10月
ISBN:9784032320305
評価スコア 4.86
評価ランキング 52
みんなの声 総数 107
「あしたもともだち」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

4歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 本当は優しいオオカミ

    大の仲良しの、キツネとオオカミ。
    オオカミが倒れているクマを発見し、誰にも内緒で看病します。なぜって「優しいオオカミ」だなんて思われたら恥ずかしいから・・・。それを知らないキツネは、突然オオカミがいつものように遊んでくれなくなったものだから、気が気ではありません・・・。

    オオカミさん、とても優しい心の持ち主ですね。娘もそんな恥ずかしがり屋のオオカミの気持ちを理解したようでした。
    キツネの気持ちもものすごーく分かります。昨日まで一日中遊んでいたのに、「なんで??」ですよね。心配で心配でたまらないキツネの気持ちが伝わってきます。
    でも、最後にオオカミの優しさに気づいて、キツネとオオカミの友情も更に深まったんじゃないでしょうか。こんなお友達がいたら本当に素敵ですね。
    何度も読み返したくなるような絵本です。末永く付き合えると思いますよ!

    掲載日:2009/10/30

    参考になりました
    感謝
    1
  • オオカミかっこいい!キツネもステキ!

    • さわこさん
    • 30代
    • ママ
    • 新潟県
    • 女の子4歳、女の子0歳

    ともだちやのシリーズに、はまりつつある私。
    そんな私に影響されて、娘もはまってきました!

    いいことをすると、つい言ってしまいたくなる私。
    気づいてくれないかな〜と思ってしまう私。
    何だか、心が貧しいような気がしてしまいます…。
    だから、この絵本を読んで、オオカミってかっこいいやつだな〜と思ってしまいました。
    なかなかこんな人はいませんよね。

    そして、ステキなのは、キツネ。
    オオカミのことを考えて、知らないふりをしてあげる。

    この2人の友情は、本物ですよね。

    大人になり、私にとってこういう友達が身近にいない気がします。
    ちょっと寂しい気がしたり…。

    今は、まだ、親に甘えている娘ですが、だんだんと友達との関係が1番大切に感じる年頃になってきます。
    そのときに、娘にもこんなステキな友達ができるといいな〜。
    私としては、これが娘に対する1番の願いです。

    掲載日:2009/07/10

    参考になりました
    感謝
    1
  • 理解して尊重してあげること

    • ともっちーさん
    • 40代
    • ママ
    • 佐賀県
    • 女の子8歳、男の子4歳

    ともだちシリーズで、一番好きな作品です。

    キツネに隠れて、怪我をしたクマの世話をしてあげるオオカミ。
    本当は優しいのに、変にプライドが高くて(?)恥ずかしがりやのオオカミはそのことを知られたくない。
    そんなオオカミの性格を理解して、知らないフリをして「あしたもともだち」でいてあげるキツネ。

    どっちも素敵でいい奴だなぁ〜としみじみ思いました。

    相手を理解すること。それだけじゃなく、尊重してあげること。
    そうすることで、友達って長続きしますね。
    そして、大人でも案外難しい。それをこのキツネは上手にやっています。

    まだ幼児の息子には深いところまでは理解できてないみたいです。
    それでもいつか、友達関係で困った時にキツネとオオカミのことを思い出してくれればいいなと思います。

    掲載日:2015/10/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • かっこいいオオカミ

    本当はやさしいガキ大将みたいなオオカミです。

    普段はクマのことをからかいつつも、そのクマが怪我をしているのを知ると、懸命に世話をします。しかもそれを周囲に、仲良しのキツネにすら知られるのが恥ずかしいという照れ屋。

    一方のキツネはオオカミが遊んでくれないのが辛く、焼きもちをやきます。でも最後にオオカミの行動に気づいたときには、自分の嫉妬心を恥じ、以前よりももっとオオカミが好きになります。

    男らしい格好よさのある話です。おすすめです。

    掲載日:2012/06/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「ともだち」の試練

    ともだちシリーズはシリーズが進むにつれて
    「ともだちとはなんぞや」というテーマがどんどん
    掘り下げられていっている気がします。

    いや友情も愛情もひっくるめての人と人との付き合い方、かな?

    だからともだちシリーズを読むと、みんな誰しも自分の人生に
    「あるある」なことが出てきていろいろ考えることがありそうです。

    なので、実は絵本もさることながらみんなのレビューが
    とってもおもしろい!!
    みんな「ともだち」でいろんな経験をしてるのね〜。

    一筋縄でいかないのが「ともだち」

    時には誤解をしたり、隠し事をしてしまったり、
    うたぐったり、ごまかしたり。
    良かれと思っても裏目にでたり・・・。

    今回はオオカミがキツネに内緒でクマの看病をすることで
    ひと波乱ありますが、読者からはオオカミの気持ちも
    キツネの気持ちもよくわかっちゃうだけに切ない切ない!!

    時にこういう試練が友情には降りかかります。
    でもそれを乗り越えたとき二人の友情はより強固なものに!

    息子や娘たちが「ともだちとは・・・」ってなやみ始めたら
    是非このシリーズとともに「みんなのレビュー」も
    読ませてあげたいなと思っています。

    掲載日:2012/06/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • こっそり善行するおおかみくん

    おおかみくんときつねくんは仲良し。でも、ある日、倒れた熊を発見し、看病するおおかみ。
    でも自分が良いやつだと思われたら恥ずかしいからときつねくんにうそをつきごまかして、熊のお見舞いに
    毎日行くおおかみくん。でもそれに気づくきつねくんは、最初は他の友達ができたのかと心配しますが、
    真実がわかり、おおかみくんに対する誤解がとけて一安心。

    しょんぼり別れるきつねくんに、「あしたはちきゅうのはてまでもいっしょにさんぽしてやるからな」と
    心でつぶやくおおかみくんにキュンときます。きつねくんが尾行で真実を知っても、しゃべったりせず、
    黙っておおかみくんに対したのも良かったです。とてもほのぼのして家族全員で一緒に読みました。
    明日も友達でいたいと思える人がいるというのは、素敵なことですね。

    掲載日:2012/06/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 優しいオオカミ

    4歳の長女が借りてきました。私は「ともだちシリーズ」初めてでした。

    なんて素敵なお話☆「オオカミが優しいなんていけないこと」と思いながら、倒れたクマさんを助け、
    看病に通うオオカミ。友達のキツネには、ばれないように毎日通うんです。寂しいキツネくん・・・。

    オオカミの不器用さに、ちょっと目がウルっときます。

    最後に元気になったクマさんをバカにしながら、栗を踏まないように歩くオオカミ。
    とっても優しい気持ちになれました。

    このシリーズもっと読んでみようと思います。

    掲載日:2012/03/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 照れ屋がかわいい

    4歳4ヶ月の息子に読んでやりました。本当はやさしいんだけど、「オオカミはこわい」というイメージを大事にしたい照れ屋なオオカミくんのお話。くまが倒れているのを助けたいのに、プライドが邪魔してしまい、ともだちの前ではそんな気配を微塵も見せません。そしてともだちはそれを誤解してしまいますが、オオカミくんの本当のやさしさに気づいてあげられます。すなおに なればいいのにな、とおもえるちょっと心温まるいい絵本ですよ。息子もちょっと照れている感じでした。

    掲載日:2012/01/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • ともだちはかけがえのないもの♪

    オオカミ、キツネの友達シリーズ!!親子ともども大好きです。
    フクロウの遠くから見ている姿も…。
    オオカミさんはあまり優しいところを見せません。 本当は、とーても優しく、困っている人を見過ごすことができないのに…。オオカミとはこうあるべき!っと思っているようです。
    大の友達のキツネさんにも恥ずかしくて、内緒にして熊を助けてあげるのですが、この事でも又、キツネさんに誤解をあたえてしまい…。
     いつも二人は些細なことで行き違いになってしまいますが、お互いを思うが故のすれ違いです。 心温まる、ともだちっていいなぁっとつくづく思える本です。

    掲載日:2010/10/17

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「あしたもともだち」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



人気デュオ ガーガーズのパネルシアターから生まれた絵本

みんなの声(107人)

絵本の評価(4.86)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット