ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

オオカミと石のスープ」 11歳のお子さんに読んだ みんなの声

オオカミと石のスープ 作・絵:アナイス・ヴォージュラード
訳:平岡 敦
出版社:徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,700+税
発行日:2001年2月
ISBN:9784198613167
評価スコア 4.41
評価ランキング 8,503
みんなの声 総数 31
  • この絵本のレビューを書く

11歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 真意が掴み切れず、恐いんです

     “石のスープ”といえば、ポルトガルの伝統料理。
     民話も生まれ、ヨーロッパの各地方へ伝わったようで、石が釘になったり斧になったり。
     東洋、中国にもこんなお話がありますよね(『しあわせの石のスープ』)。
     この料理名は、現在もポルトガルでは「協力を集める為の呼び水」の比喩に使われるようです。

     さて、フランス人のヴォージュラードさんは、どんなお話に料理したのかと読みました。

     ある冬の夜に、年老いたオオカミが石を担いでめんどりの家へ。
     暖炉で暖まらせてくれたなら、石のスープを作ってあげると持ちかけます。
     もはや、ここでコワ〜!です。
     年老いているとはいえ、“狡猾”の代名詞のようなオオカミです。
     並はずれた好奇心と食への関心から、扉をあけるめんどり。
     暖炉のあかりに照らされた、アップのオオカミの顔も不気味です。
     鍋だ水だと、オオカミペースにめんどりが巻き込まれて行くと思いきや、次々の訪問者の出現で、オオカミのペースが…。
     
     いや〜恐かった。
     年老いて体も心もボロボロのオオカミは、和やかな温かい食事がしたかったのか?
     冴える頭を使って、めんどりスープを食べる計画が失敗したのか? 
     終盤の「またきてくれますよね」のあひるさんの問いかけに、むっとしたまま、返事をしないオオカミ。
     本来の計画が倒れ、心ならずも楽しい野菜スープをみんなと飲んでしまった自分への憤りでしょうか?
     
     真意が掴み切れず、恐いんです。

     読後も背筋が寒くなるようなホラー絵本です。
     さすが、エスプリの効いた脚色だな〜と感心してしまいました。
     大人が読んでも楽しい絵本だと思います。

    掲載日:2009/12/23

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「オオカミと石のスープ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / はじめてのおつかい / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / おつきさまこんばんは / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



たたかえ!じんるいのために!

みんなの声(31人)

絵本の評価(4.41)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット