だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

14ひきのおつきみ」 6歳のお子さんに読んだ みんなの声

14ひきのおつきみ 作・絵:いわむら かずお
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1988年06月
ISBN:9784494006830
評価スコア 4.81
評価ランキング 216
みんなの声 総数 141
  • この絵本のレビューを書く

6歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 息をのむ美しさ

    息子が学校で借りてきました。
    もう12月、もうちょっと早く借りてきてよ…って感じでしたが(苦笑)

    お話は何やら木に登っていく場面から始まります。高くどんどん高く…ちょっと高所恐怖症の私には想像してしまい冷や汗ものでしたが。
    上の方では足場を組んで、お月見台を作り、お供えものをして、日没を待ちます。なんだか読んでいてこちらも神聖な気持ちになってきます。徐々に日が暮れ、変わっていく空の色が美しいです。
    そして…月!
    ページいっぱいに広がる月!息をのむ美しさです。その月に捧げるのは供え物だけでなく、感謝の言葉。とても心に響く言葉でした。

    お花見はあるけど、お月見って一度もやったことがないなあ…
    時期は過ぎてしまいましたが、来年ぜひやってみたくなりました。
    心揺さぶられる素敵な絵本でした。

    掲載日:2012/12/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • うつくしい自然

    14ひきの大家族のお月見です。
    家族が協力して準備をしています。

    感動的なのは、お月様に手を合わせ、感謝をしている姿です。
    ただ、きれいな月をめでるだけではなく、日々の暮らしに対する感謝を伝えるということもあっていいのだと思いました。

    文章はページの下に書かれているので、絵を集中して見ることができます。
    14ひきは暮らす自然の世界が、美しく描かれているので見ごたえがあります。

    掲載日:2011/09/11

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「14ひきのおつきみ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

フルーツタルトさん / しばわんこの和の行事えほん / からすのパンやさん / しょうぼうじどうしゃじぷた / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / おおきなかぶ / うずらちゃんのかくれんぼ / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


『illuminature(イルミネイチャー)』 編集者 竹下純子さんインタビュー

みんなの声(141人)

絵本の評価(4.81)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット