大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!

あなはほるもの おっこちるとこ」 5歳のお子さんに読んだ みんなの声

あなはほるもの おっこちるとこ 作:ルース・クラウス
絵:モーリス・センダック
訳:わたなべ しげお
出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
本体価格:\840+税
発行日:1979年
ISBN:9784001151404
評価スコア 4.57
評価ランキング 4,030
みんなの声 総数 22
  • この絵本のレビューを書く

5歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ちいちゃいこどもたちのせつめい

    岩波の子どもの本は、素敵だなあって思う絵本が多いです♪
    こちらもまた!

    挿絵が『かいじゅうたちのいるところ』のセンダック。
    文章が『はなをくんくん』のクラウス。
    っていうだけでもうなんだかわくわくどきどきしてしまいます。

    「ちいちゃい こどもたちの せつめい」と副題がついていますが
    本当に、ちいちゃいこどもたちのせつめいって偉大だなあって
    思います。ついつい忘れていたいろんなことを思い出させて
    くれるのです。
    「ては つなぐために」あったり、「ぼくにやらせてと うえ
    にあげるために」あったり、「あなは ほるもの」だったり。
    「ボタンは からだが さむく ならないように ついている
    もの」だったり、「おひさまは いつ いちにちが はじまる
    か おしえてくれるもの」だったり。

    私はそれこそ、ちいちゃいこどもに戻った気持ちで楽しく
    読んだのですが、娘はそれほどわくわくもしなかったみたいで。
    それはもう、ちいちゃいこどもである娘にしてみたら
    「あなはほるもの おっこちるとこ」なんて、あったりまえじゃん!
    ってな気持ちなのだろうなあって思いますもの。娘が羨ましいわ。

    掲載日:2013/02/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子供視線が面白い

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 広島県
    • 男の子12歳、男の子6歳

    絵/モーリス・センダック、文/ルース・クラウスというコンビによる1952年の作品。
    センダックは、1964年の「かいじゅうたちのいるところ」のコールデコット賞を始めとして、他に7冊もオナー賞を含め受賞している稀代の絵本作家。
    クラウスも、「なはをくんくん」「にんじんのたね」といった名作を残しています。

    一回読んで何か違和感を感じました。
    何が言いたいの?という感じで、再度表紙や解説を読んだところ、納得できました。
    ハリエット・ジョンソン保育園の子供達と先生方、ロウェイトン小学校付属幼稚園の子供達とハリエット・S・シャーマン先生、特別に有難うと解説があるように、この絵本は、ルースさんが子どもたちの言葉から編纂した辞典なのです。
    確かに原題の副題は、A first book of 0f first definitionsとありました。

    そう考えると、子供の目線による定義ですから、
    「かいだんは すわるとこ」
    「つつみは なかを のぞくもの」
    なんて発想になるのでしょう。
    中には
    「えんちょうせんせいは、
    とげを
    ぬいてくれるひと」
    なんてものもあって、園長先生も形無しです。

    センダックの単色の絵が、文章の雰囲気の合っているので、この辺りは流石としか言いようがありません。
    クラッシックな作品ですが、この視点は変らず子供に受ける作品だと思います。

    掲載日:2011/08/02

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「あなはほるもの おっこちるとこ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / ぐりとぐら / だるまさんが / もこ もこもこ / いないいないばあ / しろくまちゃんのほっとけーき / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…


『illuminature(イルミネイチャー)』 編集者 竹下純子さんインタビュー

みんなの声(22人)

絵本の評価(4.57)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット