あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
あんじゅじゅさん 40代・その他の方

確かに、あくたれ
「あくたれ」というなんだかパンチのある…

はしれ江ノ電 ひかりのなかへ」 12歳〜のお子さんに読んだ みんなの声

はしれ江ノ電 ひかりのなかへ 作:金子章
絵:渡辺 有一
出版社:PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1999年10月
ISBN:9784569681986
評価スコア 4.82
評価ランキング 189
みんなの声 総数 10
「はしれ江ノ電 ひかりのなかへ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

12歳〜のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 涙の海岸線

    鎌倉から藤沢まで。
    湘南の海岸と鎌倉の史跡、民家の間を走る江ノ電は様々なドラマを作ってくれる路線です。
    そんな江ノ電だからとも君はあこがれたのでしょうか。
    新幹線でもなく、夜行列車でもなく、リゾート列車でもなく…、江ノ電。
    悲しい話だけに、ここに登場する江ノ電がとても意味深く感じられます。

    心臓の悪い母親から生まれたとも君
    お母さんはとも君の成長を見続けることなく、とも君が9歳の時に亡くなります。
    そして、とも君も同じ病気で苦しむことになります。
    腎臓も悪かったので手術もできなかったとも君。
    とも君のことを考えて、お父さんはとも君を施設に預けることにしました。

    家族って何だろう?
    一緒に生活できない苦しみ、妻がいない寂しさ、私はこのお父さんのことも考えてしまいました。

    施設の生活から入院生活へ。
    とも君が生きている間に、とも君の夢を叶えようとボランティア、病院、理解をしてくれた江ノ電の会社の間で、とも君を江ノ電の一日運転手にするプロジェクトが作られます。
    待望の江ノ電を運転して、間もなくとも君は息を引き取ります。
    感動のノンフィクション絵本です。

    とも君は、自分の生まれてきたことの意味をお父さんに問いかけます。
    実にとても重い問いかけです。
    この世の中に否定できる命などあるはずがありません。
    だけど、悲しみ苦しみを共有することが幸せだということでもありません。
    答のない事実がここにあります。
    答ではないけれど、すべてを抱擁してくれるのが「愛」でしょうか。

    思わず感傷的になってしまいましたが、16歳で命を終えた新田朋宏君のためにも、今を生きている子どもたちに夢と命と愛を省みて欲しいと思います。

    ついでながら、江ノ電を愛して欲しいとも思います。

    掲載日:2011/06/08

    参考になりました
    感謝
    1

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「はしれ江ノ電 ひかりのなかへ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / バムとケロのそらのたび / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / もこ もこもこ / はじめてのおつかい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



きらいがいっぱい、きらいって楽しい!

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.82)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット