庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

たくさんのお月さま」 大人が読んだ みんなの声

たくさんのお月さま 作:ジェームズ・サーバー
絵:ルイス・スロボドキン
訳:なかがわ ちひろ
出版社:徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:1994年5月
ISBN:9784198601041
評価スコア 4.42
評価ランキング 8,386
みんなの声 総数 11
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 昔話の叡智がここに

    • ポピンズさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子7歳、男の子3歳

    今年の秋、たくさんお月様関連の絵本を読みました。
    月をテーマにあたたまる素敵な絵本にも多く出会いました。
    でもこの一冊には、文学の奥深さを感じました。

    途中まで読みすすめて思い当たったのは『メアリー・ポピンズ』シリーズで、メアリー・ポピンズが子ども達に語る昔話。
    王様と、道化師が出てくる話(帰ってきたメアリー・ポピンズ)と、王様と、本当の知恵とは何かを問う話(とびらをあけるメアリー・ポピンズ)です。

    レノア姫のために、王様も賢者(大人)もさんざん頭を悩ましますが、結局答えは出ず、その答えを知っていたのはレノア自身(子ども)。
    大人より、子どもの方が真実を見据えている、という、メアリー・ポピンズの作者の伝えていたメッセージ、昔話のエッセンスが、この物語の軸にもありました。

    大人の考える「賢さ」と、真実には、ズレがあること、子どもの純粋な心でこそ見えることが、どれほど経験を積んだ大人が考えることにも増してホンモノだということを、物語を通して伝えています。
    子どもが「おつきさまがほしい」というのを、単にワガママと捉えるのではなく、月がほしいこと、月は何かと考える知恵、子どもの目に月がどう映っているか(つまりそれは大人の考えにも及ばないこと)、物語を通してさまざまな見方が伝わってきます。
    (『メアリー・ポピンズ』の中でもマイケルがお月様をほしいと言って、手に入ります)

    メアリー・ポピンズの中でも道化師が王様に知恵を与え(『帰ってきた』)、王様の答えられなかった問いに答えられた賢さを持つものは、老人、夫人、若者でした(『とびらをあける』)。
    この2冊は1935年と1943年で、『たくさんのお月様』が1943年なので、この年代にこのようなお話が流行ったのだとしたら、ほかにもこの類のものを読んでみたいと思いました。

    掲載日:2010/11/12

    参考になりました
    感謝
    2
  • 小さなおひめさま

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    もうすぐ11さいになるという小さなレノアひめ。
    彼女のために臣下たちに月をとってこさせようとする父王さま。
    娘がかわいくてしかたがないのでしょうね。
    彼女が体調を崩した原因、木いちごのタルトですが読み終わった後に改めて前のほうにあるイラストを見たらすごい量!これを全部食べたのかどうかはわかりませんがこれだけの量ならば体調を崩すのも当然なのでは…。
    お月さまをとってくる方法は私も考えつきませんでした。
    お月さまをとった後もなぜまた空にお月さまがかがやいているのか、という問い対するレノアひめの答えもすばらしい答えだと思いました。

    掲載日:2014/08/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 今江祥智:訳・宇野亜喜良:絵の絵本を読みました。
    レノア姫が11才になる頃、木イチゴ入りのパイを食べすぎて病気になりました。(ちょとおかしくて 笑えます)

    王様は、心配です
    姫は、お月様がほしい そしたら、すぐに治っちゃうわ

    えっ! このレノア姫の病気は?
    心の病気?(思春期のかな?)
    でも 親ばかな王様は けらいを呼んで お月様を手に入れるために 命令するのですが・・・・・(あまり賢くない王様ですね・・・・)

    三人の家来には、できません!(月を姫に見せなければいいと・・考えるのですが・・・・)


    最後に登場した 道化師はレノア姫にお月様はどんな物ですかと聞くのです
    姫が答えた言葉に ああなるほどと思いました。

    私は、お月様を見ていろんな事を話したりお願いしたりします。

    きっと たくさんの人は、空に輝く月を見ていろんな事を語りかけるのでしょうね
    昔のひとのお話や 俳句 詩にも 月のことが唄われているのはその証ですね!

    人間はどれだけお月様に心をいやされたことでしょう

    この絵本を書かれたジェームス・サーバーさんもまたその一人の様に思いました。

    宇野さんの絵はなかなか良くて、淋しそうなレノア姫と思春期の彼女の心をうまく表現されていると思いました。

    長いお話ですから、大人向けの絵本かな?
    でも、青春の貴方にもお奨めです!

    掲載日:2010/08/05

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「たくさんのお月さま」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / バムとケロのさむいあさ / バムとケロのそらのたび / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / はせがわくんきらいや / むかしむかし絵本(5) ちからたろう

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


柚木沙弥郎さんのあかるい「雨ニモマケズ」

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.42)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット