雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
あおパンダさん 30代・ママ

強い祈り
宮沢賢治の代表作品が、まさか手帳の一頁…

パパ、お月さまとって!」 6歳のお子さんに読んだ みんなの声

パパ、お月さまとって! 作・絵:エリック・カール
訳:もり ひさし
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:1986年12月
ISBN:9784033282800
評価スコア 4.78
評価ランキング 426
みんなの声 総数 295
  • この絵本のレビューを書く

6歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • すごく幻想的

    パパが子供に月をとってと頼まれ、月が一番小さくなったころにとってくるお話。とても夢があって素敵だと思います。

    フリップになっていて仕掛け絵本を楽しめるのも良いです。

    ただし、フリップが予想よりも薄いので、小さい子だと壊す危険はあると思います。大きい子だと簡単すぎるので、、、、3-5歳向けかと思います。

    掲載日:2014/08/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 幼い頃に読めばよかった

    • ディドルさん
    • 30代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子6歳、女の子4歳

    6歳と4歳の子供たちに読みました。
    いつもなら1冊の絵本を繰り返し読まされるのですが、
    この絵本は1回きりでした。
    DVDで内容を知っていたことも関係しているのかもしれませんし、
    二人とも現実の月について勉強していたので、
    「月を取りに行くなんて嘘だ」と話に入っていけなかったのかもしれません。
    しかけ絵本を楽しむには大きくなりすぎていたこともあって、
    残念ながら子供たちにはウケない絵本でした。

    掲載日:2012/03/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • お月さまとって

    娘のお月さまとっての願いを聞いて、
    長い長い梯子を持ってくるパパ。
    すごく夢のある設定で、素敵。

    大きい月は持っていけなくて、
    月が小さくなるのを待つなんて
    面白い。

    月の満ち欠けに自然に気付かせてくれる
    素敵な絵本です。

    掲載日:2011/11/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • パパお願い

    娘からパパへのお願いは「お月さまとって」
    さぁパパどうする?と思ったら、長いはしごが登場しました。

    娘のために頑張るパパの姿が、かっこいいと思います。
    子供としては、長い長いはしごが面白かったそうです。

    エリック・カールさんの絵がおしゃれで、夜の絵なのに暗く感じなかったです。

    掲載日:2011/11/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • しかけ絵本

    子供のために月をとる!というストーリーはもちろんすばらしい話なのですが、絵本があっちのもこっちにも開くので、子供が楽しんでいました。

    こんなパパ素敵ですね。

    掲載日:2010/11/16

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「パパ、お月さまとって!」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / おおきなかぶ / こんとあき / うずらちゃんのかくれんぼ / わたしのワンピース / 100万回生きたねこ / ぐりとぐらのおきゃくさま

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


「とびだすミニブック」シリーズ 編集者 清水剛さんインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット