おにたのぼうし おにたのぼうし
作: あまん きみこ 絵: 岩崎 ちひろ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
節分の夜、豆まきの音がしない一けん家にとびこんだおにのおにたは、病気の母を看護する少女に出会います。
miki222さん 30代・ママ

鬼にも色々あるのに
節分の日に鬼がやって来ると聞いて怖がっ…

やさいのおなか」 2歳のお子さんに読んだ みんなの声

やさいのおなか 作・絵:きうち かつ
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1997年01月
ISBN:9784834014389
評価スコア 4.7
評価ランキング 1,319
みんなの声 総数 195
  • この絵本のレビューを書く

2歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

44件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ
  • 野菜に親しめる絵本☆

    「野菜を半分に切ったら・・・」
    野菜の断面図を見るという視点がとても面白いです。

    たまねぎ、キャベツ、トマト、きゅうり・・・。
    たくさんの身近な野菜が登場。

    始めのページには野菜の断面図が影絵のように白黒でページ一面に描かれています。
    色ではなく、形や中の構成だけで何の野菜かを考えていきます。
    これが大人でも意外と難しいものでしたよ〜。
    そして、種や筋が模様のように見えて、とてもキレイで驚きました。

    白黒ページのあとは「断面図に色が付いたページ→野菜全体の絵」へと答えが分かりやすく描かれているので、小さい子でも楽しく理解できる内容です。

    2回目読みからはクイズのように読んでいくと、「また読んで!」の連続でした。
    お料理の時にも「ほら!トマトのおなかだよぉ」なんて時々見せたりして、楽しんでいます。

    野菜に興味を持つ良いきっかけにもなると思います☆

    掲載日:2010/08/05

    参考になりました
    感謝
    1
  • お野菜の名前を覚えたのになかなか食べない子どもに見せました。断面の絵を見て「お?」、カラーを見て「おおお?」と感想を述べていました。お野菜に親しみを持てたようで、冷蔵庫の野菜室から野菜をひっぱりだしては「おおお?」と言っています。シュールな黒色の断面図が表紙ですが中にカラーの絵もあります。表紙は可愛くないですが、開くと子どもうけします。

    掲載日:2017/01/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • シルエットクイズ

    近所の図書館で、読み聞かせのイベントの時に出てきた絵本です。野菜の切り口がシルエットで出てきて、「これはなにかな〜?」と親子でいろいろ想像しながら楽しめた絵本です。切る向きによって、こんな断面になるんだ〜と、大人でも感心させられる内容でした。

    掲載日:2016/06/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • おもしろい視点

    おままごとで野菜や果物をザクザク切ることがマイブームな息子。
    興味を持つかと思い、手に取った絵本です。
    何度か読み聞かせるうちに親子で楽しむ方法が分かってきて、現在ではリクエストの多い一冊になりました。初見では私でも何の野菜だろう?とわからなかった野菜もあり、このような視点で野菜に興味を持たせる絵本はとてもいいなと思います。
    たまにわざと間違えて息子が「はずれー」と喜んでみたり、実際に野菜を切って絵本と見比べてみたりと色々な楽しみができますよ。

    掲載日:2016/04/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵って不思議だな。

    絵というものの魅力というか、不思議さを感じることができた一冊です。

    モノクロで描かれた断面図で野菜を表現しているのですが、「発想がすごい!」の一言です。こんな風に野菜を表現できるなんて!

    野菜に興味をもつきっかけにもなると思います。

    掲載日:2015/01/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちょっと早かったかな

    • ポン太さん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子2歳、女の子0歳

    2歳2ヶ月の息子に図書館で借りて読んであげました。

    おままごとが最近好きな我が子。
    野菜のおもちゃを切ったりして遊んでいるので、興味をもつかなと思ったのですが、残念ながら反応はいまいち。
    もう少し大きくなって、料理のお手伝いが出来るようになったら、また読んであげたいと思います。

    掲載日:2014/11/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 台所で私が料理をしていると、

    • 梅木水晶さん
    • 30代
    • ママ
    • 山形県
    • 女の子2歳、男の子0歳

    我が子が「やさいのおなかだ!」と楽しそうに盛り上がっています。後日、そのような絵本があると言うことを知り、読んでみると、なるほど、彼女は野菜の断面の事を言っていたのだな、と納得。観察眼が身に付くよい絵本ですね。

    掲載日:2014/10/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • これなあに?

    絵本NAVIで高レビューだったので買ってみました!
    「これなあに?」「ねぎ」「これなあに?」・・・と軽快なテンポで続く絵本です。
    身近な野菜が沢山出てきて、2歳の息子は大喜び。
    すぐに答えが言えるものもあれば、全然分からなくて「知らない-」というものもあり。
    届いたその日から、何度も繰り返して読んでいます。
    白黒の切り口を見ただけだと何の野菜か分からなくても、次のページをめくると答えが分かるから、子ども一人でもめくっていて楽しいようです。
    私もこれまで野菜の切り口をまじまじ見ることってなかったのですが、改めて見ると、野菜って美しいですね!

    掲載日:2014/10/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 意外に難しい!

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子7歳、女の子2歳

    2歳の娘と読みました。

    「やさいのおなか」ってなんだろう?と
    表題からはその内容が予測できなかった私ですが、

    野菜を、スパっと切ったときの断面を
    当てる絵本です。

    これが結構難しくて、
    娘が分かったのはキャベツくらい。

    トマト、キュウリなど、身近な野菜が対戦相手ですが、
    本当に意外にわからないもので、
    ニンジンに至っては「えええー!?」という感じでした。

    日々、野菜を切るたびに、
    娘にホンモノを見せてあげる楽しみが増えました!

    掲載日:2014/02/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 理科のお勉強にもなります

    これ、とてもよい絵本だと思います。単なる野菜の絵本かなと思っていたのですが、中は絵本というより理科の本という感じ!野菜を切った断面(やさいのおなか)をかいたページがあって、そのあとでその野菜が何であるか出てきます。中には私でもわかない断面もあって、とても勉強になります。

    この絵本をたっぷり読んで、もう少し大きくなったら、野菜を切ってスタンプ遊びをしようと思います。この絵本と見比べてスタンプ遊びができたらものすごく楽しいだろうなぁと今からわくわくしています。

    シリーズで、「やさいのせなか」「くだものなんだ」も発売されているとのこと。そちらも購入予定です。

    掲載日:2013/08/02

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「やさいのおなか」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / がたん ごとん がたん ごとん / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / おおきなかぶ / うずらちゃんのかくれんぼ / いないいないばあ / おつきさまこんばんは / じゃあじゃあびりびり / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『おふくさん』 服部美法さん インタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット