貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス)
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

こねこのねる」 3歳のお子さんに読んだ みんなの声

こねこのねる 作・絵:ディック・ブルーナ
訳:いしい ももこ
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\700+税
発行日:1968年11月15日
ISBN:9784834001693
評価スコア 3.82
評価ランキング 30,874
みんなの声 総数 27
  • この絵本のレビューを書く

3歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 難しいです。

    こねこのねるちゃんが
    「いんでぃあんになりたい」。
    無事にいんでぃあんの国に行って遊んで
    またおうちに帰ってよかったね、という内容ですが
    こどもに「いんでぃあん」を説明するのは
    とても難しいかと。
    迫害の歴史を教えるにはまだ早すぎるし、
    漠然といんでぃあんの外観や風習を真似するのも失礼な気がするし。
    絵本の題材としてはちょっと難しすぎるテーマだなぁと感じました。

    掲載日:2010/06/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • しらないよねぇ・・・

    インディアン…知らないよねぇ…。
    3歳だもんねぇ。
    まぁ、ネコの顔はスキだけども。
    色々たずねながら、インディアンの国へ行って
    インディアンの帽子を貰ってくる話。
    子どもの反応はイマイチ。
    わたし的にもそんなに…かな?

    掲載日:2010/04/15

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「こねこのねる」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / じゃあじゃあびりびり / ぐりとぐら / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


おさかないっぱい!ちんあなごワールドのおあそび絵本

みんなの声(27人)

絵本の評価(3.82)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット